2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

world estate

FX Trade

  • FXチャート ブログパーツFX

資源貿易リンク

記事リスト①

  • 2010.1-10 記事リスト①
    中国の貿易政策と海外戦略 10/10/21 中国レア・アース危機への対応 10/10/21 中国との貿易交渉術 10/10/19 円高デフレと産業構造変化 10/10/18 日本と資源大国ロシアの石油産業 10/10/18 非資源国の石油調達戦略 10/10/15 日本の貿易政策;FTA協定(4) 10/10/11 日本の貿易政策:FTA協定(3) 10/10/11 日本の貿易政策:FTA協定(2) 10/10/11 日本の貿易政策:FTA協定(1) 10/10/11 日本貿易の生命線:輸出市場の転換点 10/10/06 日本の資源エネルギー貿易政策(3) 国際独占資本ロイヤルダッチシェルのアジア市場戦略 10/10/02 JETRO 海外調査部 中国市場開拓セミナー参加報告 10/09/09 (2)産業空洞化( de-industrialization )と貿易政策 10/09/07 貿易政策の使命:外需(外部経済)としての景気対策(1) 10/09/07 中国農民工の子弟と日本の大学教育 10/08/21 貿易の定義(教材) 10/06/26 拓殖大学大学院 商学研究科説明会  貿易論の講座内容 10/06/26 2010 国際商取引・貿易演習ゼミ 科目構成(武上ゼミ) 10/06/26 国際取引論の学問体系について 10/06/26 円高による輸出不振は日本産業の空洞化を招く 10/06/26 授業参考資料:日本石油産業転換点(6/23出典ダイヤモンド小島武志氏) 10/06/23 拓殖大学経営経理研究所 研究発表・研究紹介 2010.4. 10/06/23 日本経済のサービス化とサービス貿易の発展 10/06/23 日本と世界のエネルギー貿易(基礎ゼミ資料) 10/06/23 日本のエネルギー資源貿易政策(2)戦後石油産業生成期から見る貿易特性 10/06/23 定期考査・課題リポートの件 10/06/17 貿易論を学ぶ学徒へ:恒産なくして恒心あり 10/06/16 国際取引・貿易ゼミ 「卒業論文のテーマ設定について」 10/06/15 拓殖大学商学部 多国籍企業論 キーワード 講義メモ 2010/5 東洋経済新報社版 テキスト 第8章 独占と不完全競争 10/04/09 東洋経済新報社 テキスト 第9章 寡占経済 10/04/09 2010年度 商学部 国際取引・国際貿易論 講義要項 10/04/09 2010年度大学院商学研究科 講義要項 10/04/09 講義資料:中国・台湾貿易の特徴 (学内使用に限るJETRO HP出典資料より修正) 10/04/09 円高問題とデフレ経済 10/04/09 国際収支・対外負債勘定の急激な変化 2010 10/04/09 国際独占資本の市場支配 10/04/08 資源無き国の貿易政策 10/04/08 貿易通貨と円の起源 10/04/08 中国留学生へ 学問・資格 10/02/20 貿易理論 講座研究用資料 ダウンロード1 10/02/18 経済・貿易理論 第十五章 東洋経済新報社版 テキスト 10/02/17 経済・貿易理論 第十七章  10/02/17 経済・貿易理論 第一章 (東洋経済新報社版 オンラインテキスト)10/02/17 東アジア貿易の構造変化分析 10/01/22 Research & Development Management and Technology Transfer 10/01/20 一年生オリエンテーション講義 10/01/20 技術拡散と市場成果 10/01/20 経営戦略と市場行動 電子技術関連産業と製品市場構造 10/01/20 グローバルR&Dシステムの構築 10/01/20 MNCの内部化理論 10/01/20 市場成長と技術のプロフィール 10/01/20 自動車産業の貿易構造と産業内分業体制 10/01/20 国際技術移行モデル(事例分析) 10/01/20 技術革新と国際投資市場 10/01/20 プロダクトライフサイクル仮説と製品市場戦略 10/01/20 Product design and market strategy(3) 10/01/20 Strategic Information System & technical method of marketing simulation 10/01/20 国際市場と競争戦略 10/01/20 APPROACH TO THE ANALYSIS OF COMPLEX SYSTEM 10/01/20 Analyses of Purchasing Behavior in the Artificial market & its agents 10/01/20 An analysis on product design(1) Characteristic of precision-optical-products market 10/01/20 An Analysis on Product Design (2) Market character of Precision optical products 10/01/20 INTERNATIONAL TRADE&TECHNOLOGICAL INNOVATION 国際貿易と技術革新 10/01/20 Analysis on Information Technology and corporate strategy 10/01/20 国際取引論講義2009年度 案 10/01/20 研究の過去実績(2001年まで) 10/01/20 不完全市場の企業戦略 10/01/20 進路開拓と就職準備について 10/01/20 Structure of product market & corporate strategy(material) 10/01/20 国際取引論の学問体系 10/01/20 研究領域の紹介(武上ゼミ) 10/01/20 貿易の働き(講義資料) 10/01/20 拓殖大学大学院商学研究科のガイダンス 指導内容 10/01/20 日本のエネルギー資源貿易政策(3) 10/01/20 日本のエネルギー資源貿易政策(2) 10/01/20 日本のエネルギー資源貿易政策(1) 10/01/20 円高による輸出不振は日本産業の空洞化を招く 10/01/20 多国籍企業論の内容 10/01/20

燃料油脂新聞社

国際エネルギー機関 IEA

http://www.exxonmobil.com/Corporate/

エクソン・モービル(スタンダードオイル)

Royal Dutch Shell ロイヤルダッチ・シェル

Pertonas ペトロナス (マレーシア)

GAZPROM ガスプロム(ロシア)

CNPC ペトロチャイナ

AGIP/ENI(イタリア)

Chevron(US)

PERTAMINA(プルタミナ・インドネシア)

k takegami

  • k takegami

石油動向:石油情報センター日本エネルギー経済研究所

JOGMEC:石油天然ガス・金属鉱物資源機構

投稿リスト

  • 貿易関係 リンク・リスト
    JETRO http://www.jetro.go.jp/links/ 経済産業省 ‐外務省 資源エネルギー庁 税関総務省統計局、統計センター 環境省 . OECD日本政府代表部 ‐投資委員会「多国籍企業行動指針」 日本貿易保険 産業技術総合研究所 (財)国際経済交流  国立環境研究所 経済産業研究所 中小企業基盤整備機構 国際協力銀行(JBIC) 国際協力機構(JICA)科学技術振興機構 ‐サイエンスポータル国際観光振興機構(JNTO) 日本銀行 東京商工会議所 (社)日本経済団体連合会(社) 環日本海経済研究所(ERINA) 日本銀行金融研究所 日本商工会議所(財)経済広報センター..貿易・投資関係機関等(財)日本関税協会(財)国際貿易投資研究所(ITI)(財)対日貿易投資交流促進協会(MIPRO) (社)日本貿易会 (財)貿易研修センター日・欧産業協力センター日露貿易投資促進機構 (財)海外貿易開発協会 (財)海外技術者研修協会 (財)安全保障貿易情報センター(CISTEC) (社)日本通関業連合会貿易アドバイザー協会(AIBA)
  • 投稿リスト
    タイトル 技術拡散と市場成果 経営戦略と市場行動 電子技術関連産業と製品市場構造 グローバルR&Dシステムの構築 MNCの内部化理論 市場成長と技術のプロフィール 自動車産業の貿易構造と産業内分業体制 国際技術移行モデル(事例分析) 技術革新と国際投資市場 プロダクトライフサイクル仮説と製品市場戦略 Product design and market strategy(3) Strategic Information System & technical method of marketing simulation 国際市場と競争戦略 APPROACH TO THE ANALYSIS OF COMPLEX SYSTEM Analyses of Purchasing Behavior in the Artificial market & its agents An analysis on product design(1) Characteristic of precision-optical-products market An Analysis on Product Design (2) Market character of Precision optical products INTERNATIONAL TRADE&TECHNOLOGICAL INNOVATION 国際貿易と技術革新 Analysis on Information Technology and corporate strategy 国際取引論講義2009年度 案 1 研究の過去実績(2001年まで) 不完全市場の企業戦略 進路開拓と就職準備について Structure of product market & corporate strategy(material) 一年生オリエンテーション講義 国際取引論の学問体系 研究領域の紹介(武上ゼミ) 貿易の働き(講義資料) 拓殖大学大学院商学研究科のガイダンス 指導内容 日本のエネルギー資源貿易政策(3) 日本のエネルギー資源貿易政策(2) 日本のエネルギー資源貿易政策(1) 円高による輸出不振は日本産業の空洞化を招く 多国籍企業論の内容

DOE:アメリカエネルギー機関

Oil and Gas Investor エネルギー市場情報

講演・セミナー実績

  • 講演会・セミナー・フォーラムなど実績
    講演会・セミナー・フォーラムなど実績 講演会: ①株式会社アマダ社 ②テレビ朝日 ③日本ビジネスコミュニケーション学会 ⑤全国信用金庫協会     ⑥愛知県経済同友会主     ⑦愛知県半田市役所     ⑧愛知県常滑市役所    

OPEC 石油輸出国機構

JICA院生訪問

  • 198 2011 6-10 JICA 横浜 訪問
    2011 6-11 JICA 横浜 訪問講義と見学

AngloAmerican アングロアメリカン (資源メジャー)

職業訓練(貿易英語・貿易実務)のページ 2014 大学院貿易講座

  • 厚生労働省東京、神奈川労働局の実施する職業訓練 (数少ない貿易分野の仕事志望者を支える技術訓練) 貿易分野の業務は、これまで経験重視のキャリアプランが中心だったが、IT化が税関NACCS他用いられ、またグローバル化により様相が変わってきている。特にモノからサービスへの貿易転換で、取引仕組みや、ドキュメント作成のディスシプリンもファイナンス取引に移行している。 (2013年度訓練生の皆さんと)

レアメタルリアルタイム市況チャート

レアアース市況動向

原油・石油製品市況

ウラン市況動向

米国政策提案リベラル系シンクタンク:ブルッキングズ研究所

戦略国際問題研究所CSIS

ロイター経済情報

  • ロイター経済情報
    CFDブログパーツCFD

経済チャート・市況情報

米国エネルギー株 市況

DowJones U.S.Market Atlas 米国企業情報データベース

中国ビジネスサポートサイト「Chinawork」

飯野海運株式会社

Frontline(フロントライン)

Energy Bulletin : Post carbon institute

旧外地産業・戦前石油関係資料室

パリOECD本部  forum 2011

  • 50asite
    OECDパリ本部 12/6-8 国際投資フォーラム出席 戦後最大の経済危機を迎えたEU経済は、それに依存するアフリカ、中南米、アジアの国々に多大な影響を与えている。米国主導のOECDが、この難局に政策提案する。

Dubai

  • DUBAI_599
    2011 12./10 ドバイ 国際貿易(ワールドトレード)センター 訪問

石炭大国旧東欧ポーランド訪問

  • 日本CCT技術にエネルギーのトレードオフ関係の可能性
    石炭王国ポーランドと日本のCCT技術:炭鉱の町訪問記2009 CCTクリーン・コール・テクノロジーでは先進技術を持つ日本技術の提供とポーランドの二酸化炭素排出権を供給するというトレードオフの関係強化のため、近年、政府もアプローチをおこなっている
FX 口座開設

gogo.gs
無料ブログはココログ

貿易英語・ビジネスコミュニケーション (授業用テキスト)

 国際貿易取引で、貿易実務の知識と貿易通信コミュニケーションの2つの能力は、貿易取引を進め、成果をあげる最大の技量である。資源なき日本の今後の発展は、貿易を推進するこの力量に掛かっている。

(目標)

貿易ビジネス・コミュニケーションに必要な貿易取引の基礎知識をマスターし、貿易取引の全体像とその流れを理解すること、そして実際に仕事に就いた場合を想定して、貿易通信コミュニケーション:ビジネス/メール&レターのリーディングとライティングの訓練を講座の目的としている。また日本の最大の貿易相手国中国とのビジネスが重視されているため、ビジネス英語とビジネス中国語の両面から学習を進める。

(ビジネスコミュニケーションの技法)

ビジネス交渉と推進の為には、売主、買主の合意形成と契約内容の遵守、相互のビジネスモラリティと信頼関係の維持が重要な要因です。

米国コロンビア大学で提唱されるビジネスコミュニケーションの3C(Clearness. Clarity. Character)では、以下の要因を掲げています。

①Clearness.  明確性:悪意なき明確な意思表示

②Clarity.    明晰性:契約遂行に当たっての遵守行為

③Character  人格性:取引上での相互信頼に足る人格性

これらの要因は、単なるスローガンに留まらず、実際のコミュニケーション時に交信することから、「相互の信頼性を築けるか」が、常に問われる注意事項です。

(さらにビジネスコミュニケーションの5Cスローガンも最近は謳われています)

(テキストの主な内容:目次)

 項目

内容

1.

貿易ビジネス・コミュニケーション入門

(入門知識)

2.

貿易ビジネス・重要な場面シーン

(重要表現練習)

3.

貿易ビジネス・コミュニケーション

(英語による実践編)

4.

貿易ビジネス・演習と日商ビジネス英語検定講座

(演習と資格ライセンス指導)

5.

ビジネス中国語 基礎と応用

(中国語による実践編)

6.

主要貿易ビジネス・コミュニケーション用語のまとめ

(確認チェック)

(講座の内容)

各講習 時間割

1時間目:貿易ビジネス・コミュニケーションの基礎知識

2時間目:貿易ビジネス・コミュニケーションの応用知識

3時間目:英語ビジネスメール&レターの演習(個別ワークと添削ドリル)

4時間目:中国語ビジネス・コミュニケーションの基礎

5時間目:中国語ビジネス・コミュニケーションの応用と演習

講座進行予定(ビジネスコミュニケーション:貿易英語/ビジネス中国語)

82

貿英①

取引勧誘(買主側)

ビジ中文①

初回取引の挨拶

82

貿英②

引き合い(買主側)

ビジ中文②

引合い

(商品価格の問合せ)

83

貿英③

オファー(売主側)

ビジ中文③

注文・仕入れ

84

貿英④

見積りの依頼(買主側)

ビジ中文④

注文・品切れ

85

貿英⑤

価格交渉(買主側)

ビジ中文⑤

出荷通知

91

貿英⑥

契約の締結(売買主)

ビジ中文⑥

在庫の確認

91

貿英⑦

信用状の開設(買主側)

ビジ中文⑦

代金受取と領収通知

92

貿英⑧

船積み書類の整備(売主側)

ビジ中文⑧

船積み遅延での謝罪

93

演習①

貿英

船積指図と通知(売主側)

ビジ中文

演習①

クレームの対応

101

演習②

貿英

荷為替手形の取組みと決済(売主側)

ビジ中文

演習②

人事異動

102

演習③

貿英

1.輸入者側からのクレーム(貨物の損傷)(買主側)

2.輸出者側からのクレーム(代金支払いの遅延)(売主側)

ビジ中文

演習③

共同経営:合作协议

102

――

――

ビジ中文

演習④

社用社交文

ビジネスの発展へ向けて

     講義と演習の進路は、進捗状況により前後する場合があります。

(講座の特徴)

従来より、貿易ビジネス・コミュニケーションは、ほとんど英語によるメール、レター、ビジネス会話が中心である。取引法務に利用される英語と合衆国ドル、及びUCC(米国統一商法典)=貿易の主なルールの3つは、今後も貿易ビジネス・コミュニケーションの重要な要素であり続ける。一方、日本の貿易の主要相手国、米国と並んで中国も世界貿易の中心であり、中国語によるビジネス・コミュニケーションは、今後、国際貿易の主要な技能となる。特に近年は中国語ビジネス・コミュニケーション能力は、企業において重要な技能となっている。

この講座では、貿易ビジネス・コミュニケーションを英語と中国語の両面から、学ぶことが出来る。貿易ビジネスで必要となる英文ビジネス・レターをシーン場面毎にポイントを解説、個別に演習を通してステップアップしながら表現できるコミュニケーション・レベルを目指します。

(ビジネスコミュニケーションの5C)

(参考:ビジネスコミュニケーション学習と貿易実務による仕事進路開拓)

(貿易業務の範囲)

(業務内容)

(資格関連)

重要

コントラクト

交渉と成約分野

1.輸入、輸出販売、マーケティング、

2.クレーム対応

*貿易実務検定

*国際ビジネス英語検定

重要

デリバリー

船積みと通関分野

(輸送系)

1.航空貨物、海上貨物取扱い、

2.船積み、傭船、

3.通関、

*貿易実務検定

*IATAディプロマ

(国際航空貨物取扱い資格)

     通関士試験

*国際ビジネス英語検定

重要

セトルメント

決済と外為分野

1.信用状、外国為替、

2.. 海上、航空保険

*貿易実務検定

*国際ビジネス英語検定

貿易一般・全般

(ゼネラリスト系)

貿易営業・貿易秘書

(個人開業・貿易会社経営)

*貿易実務検定

*国際ビジネス英語検定

(スペシャリスト系)

貿易各分野の専門家

*JETROアドバイザー

(テキスト目次)

(予備知識編)

.貿易ビジネス・コミュニケーション入門編

1.貿易取引の特徴

①貿易で得られるビジネスチャンス

②意思疎通面でのリスク

③法制度の違い

④カントリーリスク

⑤為替変動のリスク

⑥企業の信用リスク

⑦貨物の損害リスク

⑧代金の回収リスクと商品の入手リスク

⑨資金負担のリスク

2.貿易取引実務の仕組み

①商品・取引先(市場と取引企業)の選定

②契約交渉・契約締結

③輸送段階  輸送手段の確保・保税地域への搬入(海貨・通関業者)

④通関手続き・商品の積込・輸送(海貨・通関業者)

⑤決済段階  代金決済・商品の引き取り

(図:貿易実務の3つの流れ)

Ⅱ.貿易ビジネス・コミュニケーション(英語による実践編)

1.英文ビジネス・メール&レターの書き方

  表現演習ワーク&ドリル

   セクション①引合いと申込

   セクション②注文

   セクション③船積みと決済

   セクション④クレームとビジネス事情

2.ビジネス場面での基本表現

 基礎編 (主要なビジネス・シーンと英語表現)

①取引勧誘(買主側)

   ②引き合い(買主側)

   ③オファー(売主側)

   ④見積りの依頼(買主側)

   ⑤価格交渉(買主側)

   ⑥契約の締結(売買主)

   ⑦信用状の開設(買主側)

   ⑧船積み書類の整備(売主側)

   ⑨船積指図と通知(売主側)

   ⑩荷為替手形の取組みと決済(売主側)

   ⑪輸入者側からのクレーム(貨物の損傷)(買主側)

   ⑫輸出者側からのクレーム(代金支払いの遅延)(売主側)

Ⅲ.演習と日商ビジネス英語検定講座

この講座では、実際に英語ビジネスメール、レターライティングを行ないます。また、この講座のレベルアップの目標に、日商ビジネス英語検定を目指します。

日商ビジネス英語検定のレベルは以下のようになりますが、3級から指導を開始します。

(日本商工会議所主催:試験時間30分、全10問(合計50問)、70/100点以上合格

初学者(半年―1年経験者レベル)日商ビジネス英語検定3

中級者(3年経験レベル)日商ビジネス英語検定2

ベテラン(5年以上経験レベル)日商ビジネス英語検定1

Ⅳ.ビジネス中国語(中国語による実践編)

 1.中国語ビジネス メール&レターの書き方

ビジネス メール&レター表現集

 2. ビジネスの場面シーン別 表現テキスト

①自社・自己紹介と商品説明

②海外セールス

③取引相手パートナーを見つける

④取引条件の交渉をする

⑤売買契約を結ぶ

⑥価格を決める

⑦貨物を輸送する

⑧代金を受け取る

⑨クレームの対応

⑩人事異動

⑪合作協議

⑫求人応募

社用社交文

3.貿易ビジネスコミュニケーション主要用語

(予備知識編)

.貿易ビジネス・コミュニケーション入門編 「貿易取引実務の主な流れ」

1.貿易取引の特徴:UCC、合衆国ドルとアングロサクソン語(英米語)

貿易とは、他国の取引相手と商品の売買を行うことです。

他国へ商品を販売・送り出すことを輸出、他国から商品を購入・持ち込むことを輸入と言います。貿易のビジネスコミュニケーション活動で大きな特徴は、全て英米による取引慣習が利用されることです。貿易取引ルールである米国統一商法典(UCC:Uniform Commercial Code,貿易決済通貨である合衆国ドル(US Dollar,貿易用語としてのアングロサクソン言語(英米語)の取引コミュニケーションの利用という3つが貿易で必ず用いられることとなっています。

①貿易で得られるチャンス

市場を海外に広げる(輸出)

自社の優れた商品の販売先を海外にも広げることで、国内の何倍もの市場を獲得することができます。世界には大きな需給ギャップがあり、小さな日本市場には発見できないビジネスチャンスが世界貿易には豊富にあります。

日本にない商品を扱うことができる(輸入)

日本の市場に新しい商品、安い商品を紹介することで、新たなビジネスを開拓することができます。またエネルギー、鉱物資源、食糧、衣料等など貿易輸入は日本の生命線になっています。

②意思疎通面でのリスク

外国人との取引交渉においては、まず言語が異なるため、どちらかの国の言語や英語など第三国の言語を使用することになりますが、意思疎通がスムーズに進まず、誤解が生じるリスクがあります。また、言葉は通じても、各国の貿易管理制度や通関手続きなどの制度が異なったり、取引上の考え方や慣習が異なることにより、誤解や認識違いが生じるリスクがあります。このようなリスクを回避するためには、取引相手との交渉のやりとりをFAX、電子メールや手紙など文書でお互いに注意深く確認し合いながら進めることに加え、最終的には交渉の結果を全て盛り込んだ契約書を作成することが重要です。またきちんとした文書管理は、後々の紛争解決の大きなツールともなります。

③法制度の違い

輸出の場合は、日本の輸出規制と相手国の輸入及びその他の取引規制。輸入の場合は相手国の輸出規制と日本の輸入規制を確認する必要があります。国によってはライセンスが必要であったり、商品の規格に適合していないと通関できないことがあります。また、輸入においては販売時の規制も確認しておかないと、輸入した商品をそもそも流通させられない場合があります。

④カントリーリスク

外国(特に開発途上国)との取引においては、戦争、内乱、政治体制の変更などにより、輸出入や為替送金の停止などの事態に陥るリスクがあります。このようなリスクを回避するためには、事前に市場調査を行い、国際情勢や当該国の政治経済情勢・社会動向などを把握しておくとともに、リスクが高い国との取引においては、貿易保険[1] でカバーすることが必要となります。[1] 貿易取引や海外投資において生ずる取引上の危険をカバーする保険。日本では、独立行政法人日本貿易保険が取り扱っている(一部保険は民間でも取り扱いが始まっている。

⑤為替変動のリスク

自国通貨と異なる通貨で取引する場合、自国通貨へ交換する際の外国為替相場は日々変動するため、為替の変動リスクが発生します。特に相場の変動が激しい場合は、売買の利益がなくなる可能性もあるため、予めリスクの回避策を講じておく必要があります。方法としては、取引通貨を自国通貨とすることが確実ですが、それが難しい場合は、為替予約[1]などいくつかの方法があります。 [1] 将来の一定期日に一定の為替相場(レート)で外貨を売買する契約。

⑥企業の信用リスク

貿易取引では、国内取引に比べ、取引相手と頻繁にFace to Faceで商談することができないため、相手企業の信用度(財務状況、生産・営業能力、経験、誠実性等)を把握しづらく、確実に契約を履行できるかどうか信用上の不安(リスク)があります。このようなリスクに対応するために、事前に信用調査機関を利用するなどの方法で信用調査[1]を実施することが重要です。[1] 新しい取引先や従来の取引先企業の信用状態を調べること。

⑦貨物の損害リスク

貿易取引は、一般的に国内取引に比べ運送距離が長いため、運送に時間がかかるとともに、運送上の事故による貨物の変質や損傷などの損害が発生するリスクも高くなります。このリスクを回避するために、貨物海上保険[1]を付保して損害をカバーすることが必要となります。[1] 貨物の海上輸送中の危険を担保する保険。

⑧代金の回収リスクと商品の入手リスク

貿易取引は、国内取引と違って、商品の授受と代金の支払いを同時に行うことは困難であり、時間差が生じます。従って、後払いの場合は、輸出者が代金回収前に商品を出荷することになるため、代金を回収できないリスクを負うことになり、前払いの場合は、輸入者が商品入手前に代金を支払うため、商品を入手できないリスクを負うことになります。このような双方のリスクは、信用状を利用して銀行が代金の支払いを保証することで回避することが可能となります。

⑨資金負担のリス

代金の回収リスクと商品の入手リスクがカバーされたとしても、例えば後払いであれば、輸出者は、商品の出荷から代金回収までの期間代金を一時的に立て替える形となり、また、前払いであれば、輸入者は代金支払いから商品の入手・販売までの期間、立て替える形となるため、その間の資金負担のリスクがあります。資金繰りや効率的な資金運用の観点からも、双方ともにこの立て替え期間を短くすることが重要ですが、信用状を利用した取引により、この期間を短くし、資金負担を軽減することが可能となります。

2.貿易取引実務の仕組み

① 商品・取引先(市場と取引企業)の選定

輸入:どの様なモノを購入する必要があるか、国内の消費動向や自社の生産計画をもとに購入商品を決定します。購入した商品が決定したら、候補となる調達先を探します。

また、輸入する商品が国内の各種法令の対象となるか、関税がいくら係るかなどもチェックが必要です。

輸出:自社取扱商品の中で、海外市場でも通用する強みのある商品は何か、取り扱い商品を決め海外向けにPRし、売り込み先を探します。また、自社の商品を購入したいとの引き合いに対して、取引を行うか検討します。

同時に相手国側で許可・申請の対象品目か、あるいは法定検査が必要かなども確認します。

また、輸出・輸入に関わらず取引先の選定には、相手の信用をどう判断するかも重要な要素となります(信用調査)

 契約交渉・契約締結

取引交渉:商品価格、決済通貨、決済方法・時期、品質・数量、輸送方法と引渡時期、梱包条件、検査方法・時期、アフターサービス、PLの扱い、トラブル時の対応等、売買の諸条件を取り決めます。

国内取引と違い長い距離の輸送が必要なため、輸送途中に商品が失われたりトラブルがあった際の責任分担、つまり商品の引渡し場所や保険付保等、いわゆる貿易取引条件についても取り決めることが必要です。

契約締結:上記の交渉内容で合意が成立したら、契約書を作成します。国際契約においては英文契約書が一般的です。

③ 輸送段階  輸送手段の確保・保税地域への搬入(海貨・通関業者)

海貨(通関)業者を通じて、船腹予約など輸送手段を確保します。また、輸送中の事故などに備えた保険付与を行います。準備が整ったら通関のための保税地域へ貨物を搬入します。

 通関手続き・商品の積込・輸送(海貨・通関業者)

契約条件によって異なる場合もありますが、通常は輸出者側で輸出通関、積込の手続きを行います。国境輸送の後、輸入通関手続きを輸入者側で行います。通関に関わる申請はオンライン化が進んでいます。

⑤ 決済段階  代金決済・商品の引き取り

輸入者は代金を支払い、貨物を引き取ります。ただし、決済のタイミングは契約条件によって異なります(前払い、L/C決済、後払い等)

(貿易実務の3つの流れ:商品、代金、書類と情報(届出))

*貿易実務は、商品、代金、書類と情報(届出)の流れが同時並行で動くため、この3つの流れを押さえておくことが重要です。

*輸出における書類と情報および貨物の流れ

誰が

何をする

備考

輸出入の当事者

契約を締結する

輸出者

輸出者は海運・通関業者に貨物の通関および船積みを依頼(船積依頼書)

輸出貨物を保税地域に運ぶ

海運・通関業者

海運・通関業者は、船積依頼書に基づいて税関に輸出申告を行う

Naccsオンライン処理が主流。

税関

税関は必要に応じて書類審査、現物検査を行い、輸出許可を出す

船会社

船積を行う

船会社

船荷証券を発行し、海運・通関業者に渡す

海運・通関業者

輸出許可書、船荷証券を含む船積書類を輸出者に届ける

輸出者

為替手形に船積書類を添えた荷為替手形を銀行に提示し、決済する

                              (出典:ジェトロ資料)

*実力チェック:ビジネスコミュニケーションの基本事項の確認

以下の貿易取引の文章中の(  )に貿易用語を日本語と英語で記入してください。

貿易取引実務は、1.交渉・成約 2.商品の引渡し 3.代金決済 の3つの取引プロセスの流れから成り立っている。この3つの流れに沿ってビジネスコミュニケーションが展開される。

1.交渉・成約プロセスでは、先ず買主が売主に送る(    )が、貿易取引の開始となる。次いで売主は、買主と取引に応じる場合には(     )と共に(     )を買主に送る。は品質、価格や引渡しの条件を付した法的な手続きで、もし買主が直ぐに取引に応じた場合は撤回できないので、慎重に行なわれるべきである。

買主が売主のに条件修正を求めて送り返すことを(     )という。契約は買主が応じれば直ちに成立する。

2.商品の引渡しプロセスでは、通常は、まず買主が契約に従って、発行銀行に対して(  

   )の発行を依頼し、これをもって売主へ、通知銀行を通じて、に示された支払い保証の確認を伝える。売主は直ちに船積みの準備を開始する。船積みが完了すると船輸送会社から(    )を入手、これと(     )、(      )の3書類を揃えるが、これを(      )と呼んでいる。この書類による売買が貿易取引の大きな特徴で証券化ビジネスとなって、商品流通と資金流動化により、世界で取引が可能となる。

3.代金決済のプロセスでは、売主はに(     )から得た輸出許可書 

  他を添えて、買主に対して(    )手形を振り出して、代金を請求する。買主は、売主のを得る為に対して代金を支払う。このような貿易全体の取引の流れを総称して(    付    決済)と呼んでいる。

(解答欄 日本語/英語)

10

11

12

Ⅱ.貿易ビジネス・コミュニケーション(英語による実践編)

1.英文ビジネス・メール&レターの書き方

(テキスト例)英文ビジネス メール&レターのフォーマット

英文レターの構成要素(宛て先住所、件名、結辞などの書き方)レイアウト

①レターヘッド :図A

レタートップには,発信元の情報を明記します.内容としては,社名・住所・電話番号・Fax番号を記入します.レターヘッドは1ページ目だけで,2枚ページ以降には,レターヘッドはつけません.

②参照番号 :図BB

お互いにわかりやすいように,参照番号としてレターに番号をつけておくと便利です.

③日付:図B

日付のない書類は,無効です.かならず日付は明記しましょう

米国式

May 11, 2006
5/11/06

英国式

11 May 2006
11/5/06

④あて先住所:図C

あて先を明記します.誰に送ったのかをレター上に記録として残すためで,あて先は書くようにしましょう.

Mr. Ichiro Gengo

担当者名

Sales Manager

役職

US America Corporation

会社名

9999 Letter Street

番号 通り名称

Los Angeles

,

CA

 

99999

市名 州名 郵便番号(ZIP Code)

*通り名称を省略する場合はピリオド(.)を打ちます.
[Boulevard
Blvd.] [StreetSt.] [AvenueAve.] [Court  

Ct.

]
*市名の後には,カンマ(,)を打ちます.

⑤特定部署,担当者名  任意

あて先の部署や担当者名を指定します.

ATTENTION: Mr. Ichiro Gengo, Sales Manager

⑥敬辞 :図D

レター本文の冒頭に書くあいさつの文句です.米国式は最後にコロン(:),英国式はコンマ(,)をつけます. また個人宛にはラストネームかファーストネーム(インフォーマル)

企業宛

Ladies and Gentlemen:
Dear Madam/Sir,

個人宛

Dear Mr. Suzuki:
Dear Ms. Ito,
Dear Gengo Hana,
Dear Gengo Hana,

個人宛(氏名不明)

Dear Madam or Sir,
Dear Customer:
Dear Shareholder,

⑦件名 図E

相手にわかりやすくレターの目的がわかる件名を書きましょう.大文字、ボールド、アンダーラインなど目立つようにします.

SUBJECT: ACCOUNT NO. 1111-ABC
Re: Reminder for our Invoice # 1111
Subject: Quotation Request

⑧本文:図F米国ではブロックスタイル、英国ではアイデンテッドスタイルが用いられます。

⑨結辞:図G

本文を締める言葉です.正しい決まりとしては,結辞は敬辞に対応して書くこと.

正式
Formal

Yours truly,
Very truly yours,
Yours very truly,
Respectfully,
Respectfully yours,

準正式
Less Formal

Sincerely,
Sincerely yours,
Cordially,
Cordially yours,

パーソナル
Personal

Best wishes,
As always,
Regards,
Kindest regards,

⑩署名:図H

直筆のサインを書きます.英米では、予めサインは「サイン証明」に登録されています。

⑪発信者氏名・役職・部署名:図H

発信者の氏名を記載します.

Ichiro Gengo

発信者氏名

Sales Representative

役職

ABC Company

部署名

 同封書  任意 図:I

レターに同封する書類を記載します

Enclosure:
1. Company Brochure
2. Product Price List

13. コピー送付先 :図BB

あて先以外にもコピーを送付していることを伝えたい場合に,CCを付け加えます.

CC: Ms. Hana Gengo
cc: Mr. Ichiro Gengo
Copy to: Mr. Ichiro Gengo

(基礎力チェック)

貿易用語の確認:以下の貿易用語を、英語は日本語に、日本語は英語に直してください。

inquiry

offer

contract

shipment

Bill of lading

Shipping Documents

Letter of Credit

Free On Board

Cost Insurance & freight

10

negotiation

11

destination

12

collection

13

International chamber of

commerce

14

Invoice

15

Export declaration

16

海上保険証券

17

裏書

18

(書類上の)不一致

19

本船受取証

20

商事仲裁

(自由論題)貿易取引の最大の効果は、世界市場には広汎な需要と供給のギャップがあり、取引の仕組みを工夫すれば、様々な利益機会が発見できることである。資源の乏しい日本では、貿易の働きにより、大きな経済成長の機会が得られたが、特にOEMによる輸入代替政策と内生化が、自動車、機械、電気と言った日本の代表的な付加価値産業を達成した。貿易グローバル化の時代に入り、次世代の日本産業は、どのような産業になるか。自由に論じてください。(面接試験などで問われること:貿易ビジネスの視点)

2.ビジネス場面での基本表現

a.貿易ビジネス・重要な場面シーンと英語表現

①取引勧誘(買主側)

4.貿易ビジネスコミュニケーション・演習と日商ビジネス英語検定講座

4-1 演習*モデル・メール&レター表現:信用取引申込依頼 (既存取引先)

内容:過去6ヶ月間に先払い取引のE-Motor社は、30日払いの信用取引を申し込みます

Dear Mr.Li :

After six months of reliable transactions, we would like to ask you to open a line of credit with net 30 days basis.

You can obtain the further information regarding our credit reliability from the following references: Battery Company
9999

East Street

 

Chicago

,

IL

 

11111


(Tel) (999)-999-9999 (Fax) 999-111-1111

We look forward to you acceptance of this change in payment terms, and we are sure it will be a long and profitable relationshp for both of us.

If you have any further infromation, please let us know.
Thank you for your consideration.

Sincerely,

Ichiro Gengo
President

新規取引のほとんどの場合,支払い条件は先払いやCODではじまることになり,一期間の良好な取引実績を元に与信枠を開設してもらうようアプローチします.今回では,過去6ヶ月間の良好な取引をもとに,30日払いの信用取引を申し込みます.信用取引を申し込む際,通常ベンダー側は照会先を要求します.その照会先で,支払い状況,与信限度額,売掛金残高などの与信調査をすることになります.照会先は会社名,住所,電話番号,Fax番号を明記しましょう.

42 日商ビジネス英語検定講座

この講座のレベルアップの目標に、日商ビジネス英語検定を目指します。

初学者(半年―1年経験者レベル)日商ビジネス英語検定3

中級者(3年経験レベル)日商ビジネス英語検定2

ベテラン(5年以上経験レベル)日商ビジネス英語検定1

日商ビジネス英語検定試験3級サンプル問題(テキスト用に修正してあります)

1.次の文で正しいものには○を、誤りのあるものには×をつけなさい。

(1)Blocked Formは、すべての項目を左端から始める。

(2)暗号化ソフトなどの開発も進んでいるので、データは安全である。

(3)船会社は、船荷証券(B/L :Bill of Lading)を作成し、輸入者宛に発行する。

(4)売り手である輸出者が、買い手に対して希望条件を明記した売り申し込みをすることをOfferと呼ぶ。

(5)We dispatched to you a package by courier today.

2.次の英語に該当する日本語を選択肢から選びなさい。

(1)

response

(2)

acronym

(3)

estimate

(4)

regarding

(5)

opinion

(選択肢)

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

応答

頭字語

見積もり

~に関して

見解

3.次の通貨を使用している国を選択肢から選びなさい。

(1)

(2)

HK$

(3)

B

(4)

W

(5)

Dkr

(選択肢)

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

イギリス

香港

パナマ

韓国

デンマーク

4.次の英文の空欄に当てはまる最も適当なものを選択肢から選びなさい。

(1)

We are ( ) to accept your offer at the said price.

(2)

This is our lowest ( ) price.

(3)

We expect a ( ) demand for this class of goods.

(4)

We ask you to ship the item by the first ( ) vessel.

(5)

Please introduce us to some ( ) firms in your city.

(選択肢)

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

unable

possible

considerable

available

reliable

5.次の英文の意味が通るようにするためには、(  )内の語をどのように並べたらよいですか。

最もふさわしい順序のものを選択肢から選びなさい。

(1)

This ( 1.of 2.to 3.inform 4.you 5.is ) the opening of our new branch in

Tokyo

.

5-1-4-2-3

3-2-4-5-1

1-4-5-2-3

2-4-5-3-1

1-2-4-5-3

3-1-5-2-4

5-2-3-4-1

(2)

I am (1.in 2.that 3.position 4.the 5.interested ) was advertised in yesterday’s newspaper.

1-4-3-2-5

5-1-4-3-2

2-3-1-4-5

4-3-2-5-1

4-5-3-2-1

1-4-5-3-2

5-2-1-4-3

(3)

If you have any questions, please (1.contact 2.not 3.to 4.hesitate 5.do ) me.

1-2-3-5-4

5-4-2-3-1

5-2-4-3-1

2-4-3-1-5

1-3-5-2-4

2-5-3-4-1

3-1-2-4-5

(4)

I look (1.soon 2.to 3.forward 4.you 5.seeing ).

3-2-5-4-1

1-2-3-5-4

3-1-5-2-4

1-5-3-2-4

2-3-5-4-1

2-5-4-1-3

4-2-5-1-3

(5)

We (1.visit 2.like 3.would 4.you 5.to ) our new store as soon as possible.

2-5-4-3-1

1-5-4-3-2

3-1-4-5-2

2-4-3-1-5

3-2-4-5-1

1-4-3-2-5

1-4-2-3-5

6.次の文章の空欄に、文末に表記した( )中のアルファベットで始まる最も適当な1語を入れなさい。

(1)

彼の出張のためにスイートルームを1部屋予約していただけませんか。

Would you please reserve a(   ) room for his business trip?  (s)

(2)

内線番号は5003番です。

My office (    )number is 5003. (e)

(3)

御社の10周年祝賀行事にご招待いただきどうも有り難うございます。

Thank you for your (    )to the event to celebrate the 10th anniversary of your company. (i)

(4)

今度の月曜日にブラウン氏にお会いいただく約束をとりたいのですが。

Can I make an appointment (    ) Mr. Brown next Monday? (w)

(5)

ご参考までに、私どもの支社の所在地図を添付いたします。

For your information, I have attached a location map of our(      ) . (b)

7.次の図は、輸出取引の全体像を示したものである。(1)~(5)に入る最も適当な用語を選択肢から選びなさい。

(選択肢)

(1)

取引先の発見

(2)

輸出交渉

(3)

信用状の入手

(4)

船荷証券の入手

(5)

代金の受取

8.次の英文レターを読み、下記の設問に答えなさい。

(1)下線部(1)の具体的な意味を下記から選びなさい。

*責任をとる

*取引を開始する

*勘定を精算する

*勘定を支払う

(2)下線部(2)の反対語を下記から選びなさい。

*desire

*condition

*reply

*supply

(3)( 3 )にあてはまる前置詞を下記から選びなさい。

*with

*in

*to

*from

(4)下線部(4)のtermsの具体的な意味を下記から選びなさい。

*支払いに関する条件

*船積みに関する条件

*納期に関する条件

*その他の条件

(5)下線部(5)と同じ意味のものを下記から選びなさい。

*urgently

*consistently

*separately

*truly

9.次のビジネスレターを読んで、以下の設問に答えなさい。

(1)このレターはどのようなオファーか、下記から選びなさい

*確定オファー

*最終確認条件付きオファー

*カウンター・オファー

*不確定オファー

(2)オファーする商品の総額はいくらか、下記から選びなさい。

  *US$3,000.00

  *US$2,500.00

    *US$7,500,000.00

   *US$750,000.00

(3)下線部(1)F.O.B.とは何か、下記から選びなさい。

*輸出港本船渡し値段

*輸入港運賃保険料込み値段

*輸入港運賃込み値段

*工場渡し値段

(4)下線部(2)Draftの意味を下記から選びなさい。

*船荷証券

*商業送り状

*包装明細書

*為替手形

(5)信用状の当事者でないものを下記から選びなさい。

*通知銀行

 *船会社

 *輸出者(受益者)

*輸入者

以上

 (日商ビジネス英語検定 1級)問題例

問題1

 あなたは衣料品会社(MINAMI BEST APPAREL INC.)の輸出担当マネージャー(所属部署はOverseas Department)です。次のレターに対し、条件によっては応じる内容のレターを作成しなさい。【30点】

条件1:

#3589は品切れであるが、#3586(色はLight vintageで 単価は40ドル)でよければ、すべてのサイズを用意でき、全商品を10月中旬までに船積できる。

条件2:

10%割引は注文金額が3,000ドル以上の場合だけ適用され、#3586を注文しない場合は特別割引の5%となる。

条件3:

#3586も注文する場合の運賃は220ドル、保険料は25ドル、手数料は150ドルである。

 なお、Current Dateは2006年7月10日とし、signerは受験者氏名とする(手書きサインは不要)。

問題2:次の英文を読み、以下の問いに答えなさい。

Industrial property can usefully be divided into two main areas:


One area can be characterized as the protection of distinctive signs, in particular trademarks (which distinguish the goods or services of one undertaking from those of other undertakings) and geographical indications.
The protection of such distinctive signs aims to stimulate and ensure fair competition and to protect consumers, by enabling them to make informed choices between various goods and services.
The protection may last indefinitely, provided the sign in question continues to be distinctive.

Other types of industrial property are protected primarily to stimulate innovation, design and the creation of technology. In this category fall inventions (protected by patents), industrial designs and trade secrets.
The social purpose is to provide protection for the results of investment in the development of new technology, thus giving the incentive and means to finance research and development activities.


A functioning intellectual property regime should also facilitate the transfer of technology in the form of foreign direct investment, joint ventures and licensing.


The protection is usually given for a finite term (typically 20 years in the case of patents).

(1)

Industrial propertyの2つのmain areasについて内容を簡単に日本語で書きなさい。

(2)

Industrial propertyについて、日本企業が受けている侵害は拡大する一方だが、一国を例にとり、その原因および特徴を日本語で述べなさい。

問題3

 次の英文は、2000年度版インコタームズの一部です。これを読み、以下の問いに答えなさい。文中の空欄に、用語欄から最も適切な言葉を選び、その番号を書きなさい。【35点】

<FOB>
“Free on Board” means that the seller delivers when the goods pass the ship’s rail at the named port of shipment. This means that the buyer has to bear all costs and risks of loss of or damage to the goods from that point. The FOB term requires the seller to clear the goods for export. This term can be used only for sea or inland waterway transport. If the parties do not intend to deliver the goods across the ship’s rail, the FCA term should be used.

(1)

英文を日本語に訳しなさい。

(2)

次の日本文中の空欄〔ア〕~〔オ〕に、用語欄からもっとも適切な言葉を選び、その番号を書きなさい。

 輸出用コンテナ貨物に、売手が在来貨物船用トレード・タームズ(FOB,CIF,CFR等)を利用していた場合、売手と買手との危険分岐点は〔ア〕を通過するときである。一方、同じ輸出用コンテナ貨物に売手がきちんとコンテナ用トレード・タームズ(〔イ〕)を利用した場合、売手から買手への〔ウ〕時期は、コンテナ船B/Lに明記されている会社の責任項目の「貨物の受取から引渡しまで」に一致させ、〔エ〕と規定しており、具体的にはコンテナ貨物が〔オ〕でCYやCFSオペレーターに引渡されたときとされている。
 例えば、大地震が発生した際、〔オ〕にあるコンテナ貨物が受ける損害は大きく、売手・買手双方が合意して決めたトレード・タームズによって、損害負担が大きく異なってくる。〔ア〕を通過していないコンテナ貨物は、在来貨物船用のトレード・タームズを用いていた場合、売手の損害負担となり、コンテナ用トレード・タームズを用いた場合は、条件通り買手の損害負担となる。
 これらの損害負担を回避するためには、トレード・タームズと地震を担保する海上保険条件を組み合わせることで、双方とも損害金額を回収できることになる。

【用語欄】
①本船の船側、②シップス・ターミナル、③FCA,CPT,CIP、④本船の手すり、⑤運送人の管理下に引渡されたとき、⑥交換移転、⑦コンテナ・ターミナル、⑧危険移転、⑨FCA,FAS,CFR、⑩貨物の搬入から外部委託するまで

以上

*本テキストで用いた参考文献

JETRO 資料「貿易取引」2011

日商ビジネス英語検定公式テキスト 日本商工会議所

税務経理協会 ビジネス英文マニュアル 武上著

(巻末)貿易ビジネスコミュニケーション主要用語

ウェブページ

資源貿易 第二研究室 (資源開発・貿易のページ)

資源貿易 第四研究室 ー中国・アジア貿易ビジネス編ー

資源 貿易 資料データ

  • 資源 貿易 資料データ

新生・ライカ紀行

DHL スイスビジネス事情