2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

world estate

FX Trade

  • FXチャート ブログパーツFX

資源貿易リンク

記事リスト①

  • 2010.1-10 記事リスト①
    中国の貿易政策と海外戦略 10/10/21 中国レア・アース危機への対応 10/10/21 中国との貿易交渉術 10/10/19 円高デフレと産業構造変化 10/10/18 日本と資源大国ロシアの石油産業 10/10/18 非資源国の石油調達戦略 10/10/15 日本の貿易政策;FTA協定(4) 10/10/11 日本の貿易政策:FTA協定(3) 10/10/11 日本の貿易政策:FTA協定(2) 10/10/11 日本の貿易政策:FTA協定(1) 10/10/11 日本貿易の生命線:輸出市場の転換点 10/10/06 日本の資源エネルギー貿易政策(3) 国際独占資本ロイヤルダッチシェルのアジア市場戦略 10/10/02 JETRO 海外調査部 中国市場開拓セミナー参加報告 10/09/09 (2)産業空洞化( de-industrialization )と貿易政策 10/09/07 貿易政策の使命:外需(外部経済)としての景気対策(1) 10/09/07 中国農民工の子弟と日本の大学教育 10/08/21 貿易の定義(教材) 10/06/26 拓殖大学大学院 商学研究科説明会  貿易論の講座内容 10/06/26 2010 国際商取引・貿易演習ゼミ 科目構成(武上ゼミ) 10/06/26 国際取引論の学問体系について 10/06/26 円高による輸出不振は日本産業の空洞化を招く 10/06/26 授業参考資料:日本石油産業転換点(6/23出典ダイヤモンド小島武志氏) 10/06/23 拓殖大学経営経理研究所 研究発表・研究紹介 2010.4. 10/06/23 日本経済のサービス化とサービス貿易の発展 10/06/23 日本と世界のエネルギー貿易(基礎ゼミ資料) 10/06/23 日本のエネルギー資源貿易政策(2)戦後石油産業生成期から見る貿易特性 10/06/23 定期考査・課題リポートの件 10/06/17 貿易論を学ぶ学徒へ:恒産なくして恒心あり 10/06/16 国際取引・貿易ゼミ 「卒業論文のテーマ設定について」 10/06/15 拓殖大学商学部 多国籍企業論 キーワード 講義メモ 2010/5 東洋経済新報社版 テキスト 第8章 独占と不完全競争 10/04/09 東洋経済新報社 テキスト 第9章 寡占経済 10/04/09 2010年度 商学部 国際取引・国際貿易論 講義要項 10/04/09 2010年度大学院商学研究科 講義要項 10/04/09 講義資料:中国・台湾貿易の特徴 (学内使用に限るJETRO HP出典資料より修正) 10/04/09 円高問題とデフレ経済 10/04/09 国際収支・対外負債勘定の急激な変化 2010 10/04/09 国際独占資本の市場支配 10/04/08 資源無き国の貿易政策 10/04/08 貿易通貨と円の起源 10/04/08 中国留学生へ 学問・資格 10/02/20 貿易理論 講座研究用資料 ダウンロード1 10/02/18 経済・貿易理論 第十五章 東洋経済新報社版 テキスト 10/02/17 経済・貿易理論 第十七章  10/02/17 経済・貿易理論 第一章 (東洋経済新報社版 オンラインテキスト)10/02/17 東アジア貿易の構造変化分析 10/01/22 Research & Development Management and Technology Transfer 10/01/20 一年生オリエンテーション講義 10/01/20 技術拡散と市場成果 10/01/20 経営戦略と市場行動 電子技術関連産業と製品市場構造 10/01/20 グローバルR&Dシステムの構築 10/01/20 MNCの内部化理論 10/01/20 市場成長と技術のプロフィール 10/01/20 自動車産業の貿易構造と産業内分業体制 10/01/20 国際技術移行モデル(事例分析) 10/01/20 技術革新と国際投資市場 10/01/20 プロダクトライフサイクル仮説と製品市場戦略 10/01/20 Product design and market strategy(3) 10/01/20 Strategic Information System & technical method of marketing simulation 10/01/20 国際市場と競争戦略 10/01/20 APPROACH TO THE ANALYSIS OF COMPLEX SYSTEM 10/01/20 Analyses of Purchasing Behavior in the Artificial market & its agents 10/01/20 An analysis on product design(1) Characteristic of precision-optical-products market 10/01/20 An Analysis on Product Design (2) Market character of Precision optical products 10/01/20 INTERNATIONAL TRADE&TECHNOLOGICAL INNOVATION 国際貿易と技術革新 10/01/20 Analysis on Information Technology and corporate strategy 10/01/20 国際取引論講義2009年度 案 10/01/20 研究の過去実績(2001年まで) 10/01/20 不完全市場の企業戦略 10/01/20 進路開拓と就職準備について 10/01/20 Structure of product market & corporate strategy(material) 10/01/20 国際取引論の学問体系 10/01/20 研究領域の紹介(武上ゼミ) 10/01/20 貿易の働き(講義資料) 10/01/20 拓殖大学大学院商学研究科のガイダンス 指導内容 10/01/20 日本のエネルギー資源貿易政策(3) 10/01/20 日本のエネルギー資源貿易政策(2) 10/01/20 日本のエネルギー資源貿易政策(1) 10/01/20 円高による輸出不振は日本産業の空洞化を招く 10/01/20 多国籍企業論の内容 10/01/20

燃料油脂新聞社

国際エネルギー機関 IEA

http://www.exxonmobil.com/Corporate/

エクソン・モービル(スタンダードオイル)

Royal Dutch Shell ロイヤルダッチ・シェル

Pertonas ペトロナス (マレーシア)

GAZPROM ガスプロム(ロシア)

CNPC ペトロチャイナ

AGIP/ENI(イタリア)

Chevron(US)

PERTAMINA(プルタミナ・インドネシア)

k takegami

  • k takegami

石油動向:石油情報センター日本エネルギー経済研究所

JOGMEC:石油天然ガス・金属鉱物資源機構

投稿リスト

  • 貿易関係 リンク・リスト
    JETRO http://www.jetro.go.jp/links/ 経済産業省 ‐外務省 資源エネルギー庁 税関総務省統計局、統計センター 環境省 . OECD日本政府代表部 ‐投資委員会「多国籍企業行動指針」 日本貿易保険 産業技術総合研究所 (財)国際経済交流  国立環境研究所 経済産業研究所 中小企業基盤整備機構 国際協力銀行(JBIC) 国際協力機構(JICA)科学技術振興機構 ‐サイエンスポータル国際観光振興機構(JNTO) 日本銀行 東京商工会議所 (社)日本経済団体連合会(社) 環日本海経済研究所(ERINA) 日本銀行金融研究所 日本商工会議所(財)経済広報センター..貿易・投資関係機関等(財)日本関税協会(財)国際貿易投資研究所(ITI)(財)対日貿易投資交流促進協会(MIPRO) (社)日本貿易会 (財)貿易研修センター日・欧産業協力センター日露貿易投資促進機構 (財)海外貿易開発協会 (財)海外技術者研修協会 (財)安全保障貿易情報センター(CISTEC) (社)日本通関業連合会貿易アドバイザー協会(AIBA)
  • 投稿リスト
    タイトル 技術拡散と市場成果 経営戦略と市場行動 電子技術関連産業と製品市場構造 グローバルR&Dシステムの構築 MNCの内部化理論 市場成長と技術のプロフィール 自動車産業の貿易構造と産業内分業体制 国際技術移行モデル(事例分析) 技術革新と国際投資市場 プロダクトライフサイクル仮説と製品市場戦略 Product design and market strategy(3) Strategic Information System & technical method of marketing simulation 国際市場と競争戦略 APPROACH TO THE ANALYSIS OF COMPLEX SYSTEM Analyses of Purchasing Behavior in the Artificial market & its agents An analysis on product design(1) Characteristic of precision-optical-products market An Analysis on Product Design (2) Market character of Precision optical products INTERNATIONAL TRADE&TECHNOLOGICAL INNOVATION 国際貿易と技術革新 Analysis on Information Technology and corporate strategy 国際取引論講義2009年度 案 1 研究の過去実績(2001年まで) 不完全市場の企業戦略 進路開拓と就職準備について Structure of product market & corporate strategy(material) 一年生オリエンテーション講義 国際取引論の学問体系 研究領域の紹介(武上ゼミ) 貿易の働き(講義資料) 拓殖大学大学院商学研究科のガイダンス 指導内容 日本のエネルギー資源貿易政策(3) 日本のエネルギー資源貿易政策(2) 日本のエネルギー資源貿易政策(1) 円高による輸出不振は日本産業の空洞化を招く 多国籍企業論の内容

DOE:アメリカエネルギー機関

Oil and Gas Investor エネルギー市場情報

講演・セミナー実績

  • 講演会・セミナー・フォーラムなど実績
    講演会・セミナー・フォーラムなど実績 講演会: ①株式会社アマダ社 ②テレビ朝日 ③日本ビジネスコミュニケーション学会 ⑤全国信用金庫協会     ⑥愛知県経済同友会主     ⑦愛知県半田市役所     ⑧愛知県常滑市役所    

OPEC 石油輸出国機構

JICA院生訪問

  • 198 2011 6-10 JICA 横浜 訪問
    2011 6-11 JICA 横浜 訪問講義と見学

AngloAmerican アングロアメリカン (資源メジャー)

職業訓練(貿易英語・貿易実務)のページ 2014 大学院貿易講座

  • 厚生労働省東京、神奈川労働局の実施する職業訓練 (数少ない貿易分野の仕事志望者を支える技術訓練) 貿易分野の業務は、これまで経験重視のキャリアプランが中心だったが、IT化が税関NACCS他用いられ、またグローバル化により様相が変わってきている。特にモノからサービスへの貿易転換で、取引仕組みや、ドキュメント作成のディスシプリンもファイナンス取引に移行している。 (2013年度訓練生の皆さんと)

レアメタルリアルタイム市況チャート

レアアース市況動向

原油・石油製品市況

ウラン市況動向

米国政策提案リベラル系シンクタンク:ブルッキングズ研究所

戦略国際問題研究所CSIS

ロイター経済情報

  • ロイター経済情報
    CFDブログパーツCFD

経済チャート・市況情報

米国エネルギー株 市況

DowJones U.S.Market Atlas 米国企業情報データベース

中国ビジネスサポートサイト「Chinawork」

飯野海運株式会社

Frontline(フロントライン)

Energy Bulletin : Post carbon institute

旧外地産業・戦前石油関係資料室

パリOECD本部  forum 2011

  • 50asite
    OECDパリ本部 12/6-8 国際投資フォーラム出席 戦後最大の経済危機を迎えたEU経済は、それに依存するアフリカ、中南米、アジアの国々に多大な影響を与えている。米国主導のOECDが、この難局に政策提案する。

Dubai

  • DUBAI_599
    2011 12./10 ドバイ 国際貿易(ワールドトレード)センター 訪問

石炭大国旧東欧ポーランド訪問

  • 日本CCT技術にエネルギーのトレードオフ関係の可能性
    石炭王国ポーランドと日本のCCT技術:炭鉱の町訪問記2009 CCTクリーン・コール・テクノロジーでは先進技術を持つ日本技術の提供とポーランドの二酸化炭素排出権を供給するというトレードオフの関係強化のため、近年、政府もアプローチをおこなっている
FX 口座開設

gogo.gs
無料ブログはココログ

大学院英語(英語論文読解)6

直前シリーズ  ハイ・グレード英語

サブ・テキスト

(目次)

第一回:和訳の技術と方法

第二回:英文の文脈と論理展開法

第三回:実践大学院入試問題演習 ①国立応用レベル

第四回:実践大学院入試問題演習 ②国立応用レベル

第五回:総括とまとめ 大学院入試問題演習 ③国立応用レベル

    付録:問題本文の対訳

第一回:和訳の技術と方法

大学院入試では外国語試験(英語)が、合否を分ける関門です。そのほとんどが和訳を中心とする英語論文の読解になります。

この回では、試験で狙われる採点者からの採点ポイントを考えながら問題を解き、解説していきます。対訳(抄訳)を巻末に用意してありますので、適宜活用して、和訳のポイントを押さえて行ってください。

(長文読解)類題:心理、教育他

以下の問題を読み、下線部を和訳してください。

All of us have felt pain. We have cut ourselves. We have been burned. Or we have had headaches. Some of us suffer pain rarely. And others have painful attacks all the time. Why does pain come in so many forms? What are the different ways to stop it? What have scientists discovered about pain, and how are doctors helping to fight it?

   French doctor and Nobel Peace Prize winner Albert Schweitzer once said that, “pain is a more terrible lord of mankind than even death itself." This is because we can feel pain.

   Pain can take complete control of our body and mind, making it impossible to move and even to think. Yet we need pain. Without it, we would not know if we have hurt ourselves. It is our body's warning system. It tells us that we are injured and should do something about it.

    Pain is the most common reason we go to a doctor or another healer. It is the most common reason we take medicine. Until recently, however, most doctors knew of only a few drugs that stopped some pains. They knew little about the process of pain itself. But new knowledge about the process of pain is helping them learn to control pain better.

   How do we feel pain? What happens, for example, when something heavy falls on our foot?

   Scientists have learned that the sense of pain is made up of both chemical and electrical signals. These signals travel from nerve cells in the injured area, up the spinal cord to the brain, and back down again. Scientists also have learned that the nervous system sends two different kinds of pain messages to the brain: one very fast, the other slow.

   The first message is the warning signal. It moves at a speed of 30 meters a second. In less than a second, the brain understands that part of our body is hurt and how badly it is injured.

   The other message moves at a speed of only one meter a second. It is the first step in the healing process. A very powerful substance plays an important part in this process. It is called prostaglandin. Prostaglandins are produced, when needed, in almost every kind of body tissue. They are responsible for many different reactions. For example, scientists say prostaglandins raise and lower blood pressure. They also cause fever.

   When we hurt ourselves, the injured tissue produces a chemical called arachidonic acid. The acid changes into prostaglandins. The prostaglandins cause the tissue to become red and swollen. And they send the second, slower message of pain to the brain. This message tells us not to use the injured part until it heals.

   Scientists now know that some drugs stop pain directly at the injury. The drugs do this by preventing arachidonic acid from changing into prostaglandins. When there are no prostaglandins. there is no painful swelling and no slow pain message. The most common of these pain-killing drugs has been used for many years. It is aspirin. Other drugs reduce pain, but do not reduce swelling. So scientists believe they act on the other part of the body instead of directly at the injury.

   The fast and slow pain messages travel on separate nerves through the body. But both must pass through an area of the spinal cord called the dorsal horn. The horn changes electrical signals from the injured area into chemicals the brain can understand. When the brain receives these signals, it produces a number of special substances. Two of these are called endorphins and enkephalins.

    Endorphins and enkephalins are natural pain-killers. Some of them work directly in the brain. They block pain signals by fitting into nerve cells that receive the signals, just as a key fits into a lock. Pain-killing drugs made from the opium poppy act on nerve cells in the same way. Some endorphins and enkephalins, as well as other brain chemicals, travel back down the spinal cord to the dorsal horn. They block pain messages there, too.

   As you can imagine, the dorsal horn gets to be a very busy place when so many pain and pain-killing messages try to pass through it at the same time. A growing number of scientists believe our nervous system can deal with only a limited number of nerve signals. And they say this might, in fact, be another way the body fights pain.

   For example, if we hurt our foot, we might reach down to rub it. It might seem as if we move without thinking. But we cannot actually move until the brain sends messages to the muscles in our hand. These messages compete with the messages of pain traveling from the foot to the brain. In a way not yet completely understood, the nervous system recognizes only one group of signals. If it recognizes the messages to the hand, the pain messages will be blocked. And we will feel less pain.

   Scientists say this idea about the nervous system might help explain how people can do unbelievable things when they are hurt. If someone is extremely afraid or excited, for example, the nervous system might recognize the signals that produce these feelings, instead of the signals that produce pain. We all have heard stories about badly wounded soldiers continuing to fight a battle, or injured athletes continuing to play a game.

   As scientists learn more about the process of pain, doctors can improve treatments for pain.

   Most of us only suffer pain from time to time. We can ease it with drugs that prevent the production of prostaglandins - drugs such as aspirin. But millions of people suffer pain all the time..

    Their pain might be caused by a squeezed nerve, or arthritis or cancer. Sometimes no medical reason can explain their pain. Yet they still feel it. For them, simple drugs cannot block the pain signals to their brains. They need stronger longer-lasting treatment. Most of the treatments try to turn on the nerve cells that produce the body's own pain-killing substances.  (1006 words)

(解答欄)

(1)

(2)

採点ポイントと講評

第二回:英文の文脈と論理展開法

(長文読解)類題:社会、心理、教育他

以下の問題を読み、下線部を和訳してください。

   Wild animals tend to be rare wherever there are people around. When the people leave they become less rare, as in the case of the wolves that have returned to some villages in

Italy

now that those villages are in decline. Recently attempts have been made to bring back wolves in areas from which they have been eliminated; farmers protest. Some kind of balance must occur between concerns for the wolves and concerns about the wolves.

   If an area is low in a variety of species, it is either because extinction, or the total death of local populations, has occurred or because the area cannot hold more species.

   Extinction is generally considered a bad thing. There are four basic reasons why we should preserve species and populations from extinction--even mosquitoes. I will present them in order of  descending significance.

   First, I see all plants and animal as masterpieces left to us from the past. Every species on earth has literally billions of years of history behind it. Its ancestors lived through one crisis after another, day by day, year by year, and century by century. They have effectively taken advantage of all the good times and somehow survived the bad. They have changed in response to some pressures, and hid from others. It is horrible that the history of any species should be brought to an end by careless human activity and ignorance.

   The second reason is a more practical one. There is much to be learned by careful study of any species, and so few species have been carefully studied that the extinction of a species, particularly an unstudied species, is like burning a book before it has ever been read. There is no guarantee as to what would be learned by the study, but the world would be a poorer place if the species were not there to be studied.

   The third reason is that wild species of many kinds produce items useful for humans. On a very practical level species extinction is generally bad for medicine and for other business. The wide variety of herbal medicines in the health food shop of your local shopping center will demonstrate how many and how unusual are the virtues attributed to relatively rare plants.

   Finally, if a particular species is found in a community, it obviously has some role in the community. Should that species be eliminated, whatever the role of that species had been, it is no longer precisely filled, although various competitors can and do take over parts of the role. And what usually happens when a species is eliminated from some region? Its parasites will also be eliminated. Its hunter will be hungrier. Its prey will perhaps become more abundant, and in some cases there may be other effects. Grass may grow taller, sheltering more mice or some tree may be unable to germinate its seed.

   Although the elimination of one species may not always result in a wave of other disappearances, some species are certainly more critical than others. Also, I believe most strongly that the actual global extinction of any species does real damage to the richness of the world. Preventing species extinction is equivalent to passing masterpieces on to coming generations. (546 words)

(Adapted from

Lawrence

B  Slobodkin, A Citizen's Guide to Ecology, 2003)

(解答欄)

(1)

(2)

採点ポイントと講評

第三回:実践大学院入試問題演習 ①

(長文読解)類題:人文、言語、社会心理、教育他

以下の問題を読み、下線部を和訳してください。

When members of a group are working cooperatively, they can clearly accomplish more than a single individual can. Indeed, some human achievements are possible only when several people participate through a group process that integrates their contributions. The economic, technological, and political complexity of contemporary society demands such diverse skills that no one can ever hope to master them all. Most industrial, scientific, and governmental enterprises now require many specialists, each contributing expertise in a different field.

   However, researchers studying group processes have discovered that as groups increase in size, each group member's contribution tends to decline. In the late 1920's, researchers found that when people pull together on a rope, each exerts less force than if he or she were pulling on the rope alone. Working alone, one person pulled nearly 63 kg, but two people working together pulled, not 126 kg (2x63), but 118 kg. And three people pulled 160 kg, which is only about two and one half times what a single individual pulls. This and other studies led to the conclusion that people work less hard when they are part of a group than when they work alone. Apparently, individuals slacken their efforts when there are many contributors to a common task. In short, they become lacy.

   The social impact theory holds that the larger the group, the less pressure there is on any one member to produce, The theory suggests that it is the diffusion of responsibility for the group's work that leads each individual to reduce his or her effort. Social psychologist Stephen Harkins suggested in the late 1980's that it is specifically the anonymity of performance that encourages laziness. When each individual believes that no one can detect how much he or she is contributing, all tend to produce less. When individual contributions can be identified, as when the experimenter measures how much each has contributed, laziness is reduced.

   Researchers have discovered that being evaluated by others is not the only thing that keeps people working. When people can evaluate their own performance by comparing it to the previous performance of others on the same task, they work hard---even though the experimenter cannot calculate how much they have contributed. Self-evaluation apparently provides them with the satisfaction of matching or surpassing the "standard" performance on the task. It seems that social laziness develops when there is no way for people to tell how well they are doing. (404 words)

(解答欄)

(1)

(2)

採点ポイントと講評

第四回:実践大学院入試問題演習 ②

(長文読解)類題:心理、教育他

以下の問題を読み、下線部を和訳してください。

There is a kind of pride, a man's pride in what he is doing, in his work, as distinct from pride in himself for having done it. That is the sort of pride exhibited by Socrates before his Athenian accusers. Socrates displayed no sign of aristocratic pride; he would talk freely to anybody, to statesman, to workman, or to slave. Nor was he proud of himself; he did not think of himself as a `great man'. But he took pride in what he was doing. When he was called upon to desist, he refused to do so, even in the face of death. What mattered, to Socrates, was not himself but his work--- and this we may properly think of as the `classical' attitude.

   'Classical' pride, pride in workmanship, is the very stuff of civilization. Often enough, no doubt, it is objectively unjustified: men may take pride in what they are doing, persisting in the face of every obstacle, when what they are doing is intrinsically worthless. If 'humility' means nothing more than the capacity to learn from criticism, then it has an undoubted value; but if `humility' means a willingness to submit to authority ---to abandon or to modify what one is doing merely because it does not accord with the teachings of the Bible or the thoughts of Chairman Mao---then it is death to the spirit the proper name for it, indeed, is 'servility'. In so far as mystical perfectibilism seeks to destroy pride in workmanship, to convince men that no human task is worth while for its own sake, it carries dehumanization to its extreme point

   Pride in one's work carries with it a determination to accept the demands imposed by that work: in the case of philosophy to follow the argument where it leads, in the case of history to discover what actually happened, in the case of literature to explore to its depths a particular theme. In consequence, this sort of pride demands freedom: it has to be laid low in any authoritarian state. The historian, in such a system, has to conform to official interpretations of the past, the philosopher to dogmas, the writer to stereotypes of human action, the craftsman to 'production-schedules'. More subtly, attempts are made to lay pride low in a consumer's society: the film-director, the novelist, the craftsman are called upon to produce 'what will pay' at whatever cost to their pride in workmanship. Nothing could be more opposed to pride in workmanship than "built-in obsolescence', the ideal of a throw-away society for which everything is replaceable. Indeed, better novels may come out of an authoritarian state in which the author writes without any expectation of being published than out of a society in which he has one eye constantly fixed on `the market'. In the long run, however, the quality of a society will be largely decided by the degree to which it encourages and facilitates pride in workmanship; a society in which that pride is humbled will be a shoddy, second-hand, society. (509 words)

(解答欄)

(1)

(2)

採点ポイントと講評

第五回:総括とまとめ 大学院入試問題演習 ③

(長文読解)類題:心理、教育他

以下の問題を読み、下線部を和訳してください。

Our species, Homo sapiens, has lived for about two hundred thousand years. For 99% of this time, people lived as hunter-gatherers in small groups.  Within these groups, sharing was part of the life-style.  The individual was dependent on the group.  Sharing was beneficial for the group and for the individual.  Besides, it was easy to share because property was extremely limited. The group were always on the move,  except in certain situations, to avoid wearing down their natural support base. People could not have more property than they could carry and the woman often had to carry a child. Normally, although there were exceptions, the hunter-gatherer groups utilized their natural support in an ecologically sustainable way.  The groups did not normally have a leader in the sense of a boss or master. Time was largely irrelevant and such a phenomenon as anonymity was unthinkable.

   Ten thousand years ago, when the estimated population of the world was five million, people in certain areas began to support themselves in a new fashion--- by cultivating the land. The agricultural revolution occurred and subsequently spread. Agriculture meant settling down. People could cope with more possessions and so ownership became part of normal life. This in turn resulted in social stratification. Society became divided into the chief, peasants, soldiers, slaves, etc. The attitude to the natural support basis was still one of housekeeping although forests were cleared to make space for cultivation. In the agricultural society, time became relevant and this meant living with seasons.

   About 260 years ago, with an estimated world population of eight hundred million, the next great revolution took place---the industrial revolution. It was based on fossil coal, as energy source, the steam engine as energy transformer, and the colonial system as the means for bringing resources from all over the world to

Europe

. The hunter-gatherer society was characterized by sharing, the pre-industrial agricultural society by owning, and the industrial society by steadily increased ownership.  Acquisition and consumption are means of keeping the industrial system going. The ecologically sustainable, or housekeeping,  mode of life was replaced by an exploiting one. Anonymity became common, which contributes to criminality.

   Humans have long generations and few offspring, which means slow adaptation by the process of natural selection. The human species has not had time to readapt biologically to the mode of life in industrialized society with its big cities. People have been biologically shaped by, and adapted to the situation and life-style that lasted for a long time -that of the hunter-gatherers. Biologically people are still stone age beings. Now, however. we stone age beings live in the modern industrialized system with its big cities normally far removed from a natural environment, separated from our ecological support system. Many of us live in a noisy and polluted environment where we have to close our senses.  How, for instance, can we  assimilate the whole flow of advertising matter? Many live alone in the crowd, anonymously, and under rapidly changing conditions. We live in a technically, economically, socially complicated and sensitive condition which is difficult to grasp and where alienation is common. To a great extent, people are consumers of a commercialized culture. Stress at the office desk with telephones cannot be physically utilized and so is stress in a negative sense. We have, so to speak, driven a wedge between our nature and our life-style. We are forced to live more or less on the margin of our patience in various respects.

(578 words)

anonymity:匿名 stratification : 階層化 

       (Adapted from Bengt Hubendick, "Industrialization and Urbanization." The Global Environment, 1997)

(解答欄)

(1)

(2)

採点ポイントと講評

    付録:問題本文の対訳(抄訳)

(第一回)

私たちは全員痛みを感じる。私たちは指を切ったことがある。やけどをしたことがある。あるいは頭痛になったことがある。滅多に痛みを感じない人もいるし,いつでも痛みに襲われる人もいる。なぜ痛みは様々な形でくるのだろうか。それをとめるいろいろな方法とは何か。科学者は痛みについて何を発見し,医師たちは痛みと闘うためにどのように手助けをしているだろうか。

 フランス人医師でノーベル賞受賞者である,アルバート・シュヴァイツアーはかつて,「痛みは死そのものよりもひどい人類の霊長である」といった。これは私たちが苦痛を感じることができるからだ。

 苦痛は私たちの体と心を完全に支配下において,動くことや,考えることさえ不可能にさせることができる。にもかかわらず私たちには苦痛が必要だ。それがなかったら,私たちは自分自身を気づけているかどうかわからないだろう。痛みは私たちの体の警報システムである。痛みは私たちに私たちが怪我をして,それに対して何かしなければならないと教えてくれる。

 痛みは私たちが医師や,他の治療師の所へ行く最も一般的な理由だ。私たちが薬を飲む最も一般的な理由だ。しかしつい最近まで,ほとんどの医師たちは痛みを止めるごくわづかな薬しか知らなかった。医師たちは痛みの進行についてほとんど知らなかった。しかし,痛みの進行に関する新しい知識によって痛みをよりよく制御するしかたを学ぶのを助けている。

 どうやって私たちは痛みを感じるのだろうか。たとえば何か思い物が足の上に落ちた時何が起きるのだろうか。

 科学者たちは痛みの感覚は化学信号と電気信号の両方から成り立っていることがわかっている。こうした信号は傷ついた区域の神経細胞から脊髄を通って脳に伝えられ,再び戻ってくる。科学者たちはまた神経組織は2種類の異なった痛みの伝達を脳に送る,一つは大変速く,もう一方はゆっくりしたメッセージを。

 最初のメッセージは警報信号だ。秒速30メートルの速度で移動する。1秒以内に,脳は体の一部が傷つき,どのくらいの怪我か理解する。

 もう一方のメッセージは秒速わづか1メートルの速度で移動する。これは治癒の第一段階だ。大変強力な物質がこの過程で重要な働きをする。それはプロスタグランジンと呼ばれる。プロスタグランジンは必要な時にほとんど全ての種類の体内細胞で作り出される。これらは多くの反応に関わっている。たとえば,科学者たちはプロスタグランジンは血圧を下げたり,上げたりする。それはまた熱を引き起こす。

 私たちは傷つくと,傷ついた組織がアラキド酸と呼ばれる化学物質を作り出す。この酸がプロスタグランジンに変わる。プロスタグランジンは組織が赤く腫れ上がるようにする。そして,それは2番目のよりゆっくりとした痛みのメッセージを脳に送る。このメッセージは私たちに負傷した部分が癒えるまで使わないように命令する。

 科学者たちは現在では薬が負傷した箇所で直接痛まないようにすることを知っている。その薬はアラキドン酸がプロスタグランジンに変化するのを防ぐことで痛みを抑えている。プロスタグランジンがなければ,痛い腫れもゆっくりとした痛みのメッセージもない。こうした鎮痛剤の最も一般的なものが長年にわたって使われている。それがアスピリンだ。他の薬は痛みを減じるが,腫れをなくすことはない。従って科学者たちはその薬は負傷した箇所に直接働く代わりに体の他の部分に作用しているのだと信じている。

 速い痛みのメッセージとゆっくりとした痛みメッセージは体の分かれた神経を伝わる。しかし,両方とも後角と呼ばれる脊髄の部分を通過しなければならない。角は負傷した箇所からの電気信号を脳が理解できる化学物質に変える。脳がこうした信号を受け取ると,脳はいくつかの特殊な物質を作り出す。こうしたものの2つがエンドルフィンとエンケファリンだ。

 エンドルフィンとエンケファリンは自然の鎮痛剤だ。それらの一部は直接脳で働く。それらはちょうど鍵が鍵穴にぴたりとはまるように信号を受け取る神経細胞にぴたりとはいることで,痛みの信号をさえぎる。ケシから作られた鎮痛剤は同じように神経細胞に働きかける。他の脳の化学物質と同様にエンドルフィンとエンケファリンは脊髄をくだって後角まで戻る物もある。それらはそこでまた痛みのメッセージを遮る。

 想像できるように,後角は同時に大変多くの痛みや痛みを消すメッセージが通過しようとすると大変混雑した場所になる。ますます多くの科学者たちは私たちの神経組織は限られた数の神経信号しか処理できないと信じるようになっている。そして,このことがひょっとしたら,事実,体が痛みと闘うもう一つの方法かもしれない,という。

 たとえば,もし私たちが足を痛めれば,私たちは手を伸ばしてそれをさするかもしれない。それは何も考えずにやっているように思える。しかし,脳が手の筋肉に信号を送るまでは実際には動くことはできない。こうした信号が足から脳へと移動する痛みの信号と競争する。まだ完全には理解されていない方法で,神経組織は一つのグループの信号だけを認識する。もし神経組織が手へのメッセージを認識すれば,痛みのメッセージは遮られるだろう。そして,私たちの感じる痛みは減る。

 科学者たちは神経組織に関するこの考えは人々が怪我をしている時に,信じられないようなことをどのようにできるのか説明するのに役立つかもしれないという。もしある人が大変怖かったり,興奮していると,たとえば,神経組織は痛みを作り出す信号の代わりにこうした感情を作り出す信号を認識するかもしれない。私たちは皆,ひどく負傷した兵士が戦いを続けたり,怪我をした運動選手が試合を続けたりすることを聞いたことがあるだろう。

 科学者たちが痛みのプロセスをより学習するにつれて,医師たちは痛みの治療を改善することができる。

 私たちの多くは時々しか痛みを味わわない。私たちはプロスタグランジンの生産を防ぐ薬で痛みを軽減できる。アスピリンのような薬で。しかし,何百万という人たちが常に痛みに苦しんでいる。

 彼らの痛みは神経の圧迫,関節炎あるいは癌によって引き起こされるかもしれない。時には痛みを医学的には説明できないかもしれない。それでも痛みは感じる。彼らにとって,簡単な薬が脳にいく痛みの信号を遮ることはできない。彼らはより強力なより長続きする治療が必要だ。治療のほとんどは体自身の痛み止めの物質を生み出す神経細胞を起こそうとしている。

痛みは体への警報だ。痛みは2種類の信号によって脳に伝えられる。一つは怪我の状況を伝え,もう一つは痛みの箇所でできたプロスタグランジンが伝える痛みのメッセージだ。プロスタグランジンができなければ痛みもない。そのような働きをする薬がアスピリンだ。痛みの信号は後角という部分を通過するが,その信号が脳に伝わると自然の鎮痛剤が作り出される。これらは脳に直接働き痛みを軽減する。後角は様々な信号を処理しなければならないので,痛みの信号を全て伝えられるわけではない。痛み以外の信号があれば,痛みは軽減される可能性がある。

(第二回)

人がいる場所ではどこでも野生の動物がいることはまれな傾向にある。人々がいなくなると,増えてくる。ちょうど村の人口が減ったので,イタリアのいくつかの村にオオカミが戻っている場合のように。最近,オオカミが排除された地域にオオカミを戻そうという試みが行われている。農家の人たちは反対だ。オオカミのことを心配することオオカミの被害を心配することになんらかのバランスがとられなければならない。

 もしある地域が種の種類が少ない場合は,それは絶滅,すなわち,そこに住む個体群全ての死滅が起きたためか,その地区がこれ以上の種を支えることができないかためか,いずれかの理由だ。

 絶滅は一般に悪いことを考えられている。私たちが種や個体群を絶滅から守るべき4つの基本的な理由がある。たとえ蚊であっても。その理由を重要性の高い順に提示しよう。

 まず第一に,私は全ての植物や動物を過去から私たちに残されて傑作としてみている。地上の全ての種はその背後には文字通り何十億年もの歴史がある。その祖先は危険を一日,一日,毎年毎年,そして世紀毎に,次から次へと乗り切ってきた。それらはいい時代の有利な点を効果的に利用し,悪い時代を何とか生き抜いた。それらは圧力に応じて変化し,他の圧力からは隠れた。人間の不注意な活動と無知のために種の歴史を終わりにすることは恐ろしいことだ。

 第2の理由はより実用的なものだ。どんな種でも注意深く研究することで多くの学ぶべき点があり,注意深く研究された種はあまりに少ないので,ある種の絶滅,とくに研究されていない種の絶滅は,読まれる前に本を燃やしてしまうようなものだ。研究によってどんなことが学べるか,ということに関してはなんら保証はないが,もし研究されるべき種がそこの存在しなかったら,世界はより貧しい場所になるだろう。

 第3の理由は多くの野生の種は人間にとって有益なものを生み出している。極めて実利的なレベルにおいて,種の絶滅は一般に医学や他の事業に対して悪いことだ。地元のショッピングセンターの健康食品売り場の様々な種類の薬草を見れば,どんなに多くの,そして珍しい効能が,比較的珍しい植物につけられているかわかる。

 最後に,もし特定の種が地域社会で見つかれば,その社会で,何らかの役割を果たすのは明らかだ。もし万が一その種が抹殺されたら,その種の役割が何であったとしても,もう,正確にその役割が補填されることはない。たとえ様々な競争相手がその役割を担うことができたり,実際にしていたとしても。そして,ある種がある地域から排除されたら,通例はどういうことが起きるだろうか。その寄生動物もまた排除されるだろう。それを食べる動物は食料に困るだろう。食べられていた動物はもしかしたら増えるかもしれない。そして場合によっては他の影響もあるだろう。草はより高く成長して,より多くのネズミを隠したり,種を発芽させることができない木も出てくるかもしれない。

 一つの種の絶滅がいつでもいくつもの種が連なって消えることをもたらすとは限らないが,種によっては,他の種よりより危険にさらされることになる。また,私はどの種でも実際に地球規模で絶滅すれば,世界の豊かさに本当に被害を与えるのだと強く信じている。種の絶滅を防ぐことは傑作を次の世代に手渡すことに等しい。

種を絶滅から守るべき4つの理由。

種が絶滅することは悪い。それは進化の歴史を重ねた傑作品を失うことであり,種の潜在能力を見つける機会や,人類にとって有益な資源を失うことになる。また一つの種を失うことは自然全体に影響を与えるからだ。

(第三回)

集団の成員が協力して働いている時,彼らは単一の個人が達成できることより明らかに多くのことができる。実際,何人かの人が,それぞれの働きをまとめる集団の過程を経て,初めて可能になる人間による成就もある。経済的,技術的,及び政治的な現代社会の複雑さ一人でそれら全てを習得できないよう多様な技術を要求している。ほとんどの産業,科学そして政府の事業は現在,多くの専門化を要求し,それぞれが様々な分野で専門的知識を寄与している。

 しかし,集団過程の研究をしている研究者たちは集団の規模が多くなるにつれて,それぞれの集団の成員の貢献度は落ちる傾向にある。1920年代後半,研究者は人々が一緒にロープを引くと,一人一人は,自分だけでロープを引く時より,力を入れなくなると発見した。一人で働いていると,一人の人は63キロ近く引いたが,二人の人が一緒に引くと,126キロ(2x63)ではなく,118キロだった。そして3人では160キロ引っ張ったが,これは個人が引く時の2.5倍にすぎない。これや他の研究によって,人々は一人で働く時より,集団の一部として働く時のほうが働きが少ないという結論に達した。見たところ,共通した仕事に対して多くの貢献者がいる時には個人は自分たちの努力を弱めるようだ。

 社会効果理論によれば,集団が大きくなればなるほど,一人一人の成員が作り出そう,という圧力が減る。この理論は個々の成員が努力を減らすのは集団の仕事に対する責任の分散であることを示唆している。社会心理学者であるStephen Harkinsは1980年代後半,怠惰を促すのは,特に成果に対する匿名性である,示唆した。個人が誰も,どのくらい自分が貢献しているかわからないだろうと信じると,全員の生産性が減る傾向にある。個人の貢献が特定できると,たとえば,実験者がどのくらい個人が貢献している計る時のように,怠慢さは減る。

 研究者は他人に評価されることは人々を働かせ続ける唯一のことではないと発見している。人々が自分の働きを他の人が以前にした働きと比較することで,評価できる時,彼らは一生懸命働く,たとえ,実験者がどのくらい彼らが貢献しているか計算できなくても。自己評価はみたところ仕事に対する「標準的な」働きに達するとか,超えるといった満足感を与えているようだ。社会的な怠慢さは人々が自分がどのようにしているか知る方法がない時に起きるように思われる。

(第四回)

 成し遂げたという自己へのプライドは違う,自分の仕事に対する,自分がしている事への1種のプライドがある。それはソクラテスを非難するアテネ人の前で彼が示したような種類のプライドだ。ソクラテスは貴族的なプライドはみじんも示さなかった。彼は自由に政治家,労働者そして奴隷と誰にでも話しかけるだろう。彼は自分自身にプライドを持つこともなかった。自分のことを「偉大な人物」だと思うこともなかった。彼が思いとどまるように求められる時,彼はそうすることを拒絶した。たとえ死を目の前にしても。ソクラテスにとって大切なのは,自分自身ではなく,仕事であった。このことを私たちは「古典的」態度として適切に考えているだろう。

 「古典的な」プライド,技量に対するプライドは文明のまさに要諦である。しばしば,おそらく,それは客観的には正しいとはされていない。人は自分のしていることに誇りを持つかもしれない。自分たちのしていることが本質的には価値がない時,全ての障害に対峙して辛抱強く続けていく。もし「謙遜」が批判から学ぼうとする能力にほかならないのなら,それには間違いなく価値がある。しかし,もし「謙遜」が権力に自ら屈する,自分がしていることを単に聖書の教えに合わないとか,毛主席の考えに合わないというだけで,捨てたり,変更するということだとすれば,それは精神の死である。実際,それに対する適切な名前は「奴隷根性」だ。不可解な完成できるという考えが技量へのプライドを破壊し,人に人間の仕事はそれ自体は価値がないのだと確信させようとする限り,それによって著しく非人間的になる。

 自分の仕事に対するプライドはそれとともにその仕事が課す要求を受け入れる決意をもたらす。哲学の場合は,議論が行き着く先まで議論を追うこと。歴史の場合には,実際に起きたことを発見すること。文学の場合は,あるテーマをその深層まで探ることだ。要するにこの種のプライドは自由を要求する。自由はいかなる権力国家でも下位に置かれなければならない。このような制度では,歴史家は過去に対する公的な解釈に従わなければならない。哲学者は教義に,作家は人間の行動の固定観念に,職人は「納期」に。より巧妙なところでは消費社会でプライドを下位に置く試みがなされている。映画監督,小説家,職人は技量に対するプライドを犠牲にして「もうかるもの」を作るように求められる。全てが代わりがある使い捨て社会の理想である「計画的廃用化」ほど職人気質に対するプライドに反対するものはないだろう。実際,作家が片目を常に「市場」に置いている社会よりも,作家が出版される希望もなく書いている権力社会からよりよい小説が登場するかもしれない。しかしながら,長い目で見ると,社会の質は主に社会が職人気質に対するプライドを奨励し,促進する度合いによって決定されるだろう。そのプライドが軽視される社会は安っぽい,中古の社会となるだろう。

(第五回)

 私たちの種であるホモサピエンスは約20万年生きてきた。この時間99%の間は,人々は小さな集団の狩猟民族として生きた。この集団の中では,共有することが生活様式の一部だった。個人は集団に依存していた。共有することは集団と個人の両者にとって恩恵があった。さらに,所有物がきわめて限られていたので,共有することは簡単だった。集団は常に移動していて,特定の状況を除いて,自然の依存している部分を使いすぎることを避けていた。人々は持てる以上の所有物を持つことはできず,また,女性はしばしば子どもを運ばなければならなかった。通例,例外はあるものの,狩猟民族の集団は生態的に維持できる形で自然の支えてくれる物を利用した。集団は普通はボスや主人といった意味での指導を持っていなかった。時間はほとんど無関係で,匿名といった現象は考えられないことだった。

 1万年前,推定世界人口が500万人であったころ,ある地域の人々は新しい方法で自分たちを支え始めた。すなわち,土地を耕作することで。農業革命が起きて,そして普及した。農業は定住することを意味した。人々はより多くの所有物を扱うことができ,それゆえに,所有権が普通の生活の一部となった。今度はそれによって,社会階層ができた。社会は,酋長,農民,兵士,奴隷などに分割された。自然が支えているくれる基地への態度は依然として,森林が耕作の空間を作るために切り開かれた物の,維持するものだった。農業社会では時間は関係するようになり,このことは四季と共に生きることを意味した。

 約260年ほど前,推定8億人の世界人口で,次の大きな革命が起きた。すなわち産業革命だ。それは,燃料源に化石石炭を,移動エネルギーに蒸気機関,そして,世界中からヨーロッパへ資源をもたらす手段として植民地制度に基づいていた。狩猟社会は共有に,前工業化の農業社会は所有,そして産業社会は増え続ける所有権によって特徴づけられた。獲得と消費が産業システムを動かし続ける手段である。生態的に維持できる,すなわち,家を維持する生活様式が搾取する生活様式にとって代わられた。匿名が一般化し,犯罪に一役かった。

 人類は長い世代を有しているが,子孫はほとんどいない。そのことは,自然淘汰によるゆっくりとした適応を意味している。人類は大都市を有す,産業社会での生活様式に生物学的に適応しなおす時間を持っていない。人々は生物学的には長期間にわたって続いた,すなわち,狩猟民族としての生活様式や状況によって形成され,適応されてきている。生物学的には人々は依然として石器時代の生き物なのだ。しかし,現在では,私たち石器時代の生き物は自然環境から遠くへと引き裂かれ,私たちの生態系の支えと分離し,大都会を持つ現代産業システムの中で暮らしている。私たちの多くは私たちの感覚を閉じなければならない騒音と汚染された環境で暮らしている。たとえば,どうやってすべての流される広告を吸収できるだろうか。多くの人は人混みの中で,名前もなく,ひとりぼっちで,急速に変化する状況で暮らしている。私たちは技術的,経済的,社会的に複雑で繊細な,理解困難で,疎外が一般的な状況に生きている。かなりの程度,人々は商業化された文化の消費者である。電話のある会社の机でのストレスは肉体的に使うことはできない。それで,ストレスは否定的意味になる。私たちは,いわば,私たちの本来の性質と生活様式の間にくさびが打ち込まれている。私たちはおおかれ,すくなかれ,様々な点で,忍耐の限界で暮らすことを強制されている。

人類は集団に依存し,自然と共存する狩猟採集民として生きてきた。農業学名によって社会に階層化が生まれ,時間に制約されるようになった。産業革命では,自然を搾取する消費者となり。大都会で個人は埋没し始めた。生物学的には狩猟採集民のままなのに,生活様式は劇的に変化した。複雑化する社会の中で,疎外感を感じている。

ウェブページ

資源貿易 第二研究室 (資源開発・貿易のページ)

資源貿易 第四研究室 ー中国・アジア貿易ビジネス編ー

資源 貿易 資料データ

  • 資源 貿易 資料データ

新生・ライカ紀行

DHL スイスビジネス事情