2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

world estate

FX Trade

  • FXチャート ブログパーツFX

資源貿易リンク

記事リスト①

  • 2010.1-10 記事リスト①
    中国の貿易政策と海外戦略 10/10/21 中国レア・アース危機への対応 10/10/21 中国との貿易交渉術 10/10/19 円高デフレと産業構造変化 10/10/18 日本と資源大国ロシアの石油産業 10/10/18 非資源国の石油調達戦略 10/10/15 日本の貿易政策;FTA協定(4) 10/10/11 日本の貿易政策:FTA協定(3) 10/10/11 日本の貿易政策:FTA協定(2) 10/10/11 日本の貿易政策:FTA協定(1) 10/10/11 日本貿易の生命線:輸出市場の転換点 10/10/06 日本の資源エネルギー貿易政策(3) 国際独占資本ロイヤルダッチシェルのアジア市場戦略 10/10/02 JETRO 海外調査部 中国市場開拓セミナー参加報告 10/09/09 (2)産業空洞化( de-industrialization )と貿易政策 10/09/07 貿易政策の使命:外需(外部経済)としての景気対策(1) 10/09/07 中国農民工の子弟と日本の大学教育 10/08/21 貿易の定義(教材) 10/06/26 拓殖大学大学院 商学研究科説明会  貿易論の講座内容 10/06/26 2010 国際商取引・貿易演習ゼミ 科目構成(武上ゼミ) 10/06/26 国際取引論の学問体系について 10/06/26 円高による輸出不振は日本産業の空洞化を招く 10/06/26 授業参考資料:日本石油産業転換点(6/23出典ダイヤモンド小島武志氏) 10/06/23 拓殖大学経営経理研究所 研究発表・研究紹介 2010.4. 10/06/23 日本経済のサービス化とサービス貿易の発展 10/06/23 日本と世界のエネルギー貿易(基礎ゼミ資料) 10/06/23 日本のエネルギー資源貿易政策(2)戦後石油産業生成期から見る貿易特性 10/06/23 定期考査・課題リポートの件 10/06/17 貿易論を学ぶ学徒へ:恒産なくして恒心あり 10/06/16 国際取引・貿易ゼミ 「卒業論文のテーマ設定について」 10/06/15 拓殖大学商学部 多国籍企業論 キーワード 講義メモ 2010/5 東洋経済新報社版 テキスト 第8章 独占と不完全競争 10/04/09 東洋経済新報社 テキスト 第9章 寡占経済 10/04/09 2010年度 商学部 国際取引・国際貿易論 講義要項 10/04/09 2010年度大学院商学研究科 講義要項 10/04/09 講義資料:中国・台湾貿易の特徴 (学内使用に限るJETRO HP出典資料より修正) 10/04/09 円高問題とデフレ経済 10/04/09 国際収支・対外負債勘定の急激な変化 2010 10/04/09 国際独占資本の市場支配 10/04/08 資源無き国の貿易政策 10/04/08 貿易通貨と円の起源 10/04/08 中国留学生へ 学問・資格 10/02/20 貿易理論 講座研究用資料 ダウンロード1 10/02/18 経済・貿易理論 第十五章 東洋経済新報社版 テキスト 10/02/17 経済・貿易理論 第十七章  10/02/17 経済・貿易理論 第一章 (東洋経済新報社版 オンラインテキスト)10/02/17 東アジア貿易の構造変化分析 10/01/22 Research & Development Management and Technology Transfer 10/01/20 一年生オリエンテーション講義 10/01/20 技術拡散と市場成果 10/01/20 経営戦略と市場行動 電子技術関連産業と製品市場構造 10/01/20 グローバルR&Dシステムの構築 10/01/20 MNCの内部化理論 10/01/20 市場成長と技術のプロフィール 10/01/20 自動車産業の貿易構造と産業内分業体制 10/01/20 国際技術移行モデル(事例分析) 10/01/20 技術革新と国際投資市場 10/01/20 プロダクトライフサイクル仮説と製品市場戦略 10/01/20 Product design and market strategy(3) 10/01/20 Strategic Information System & technical method of marketing simulation 10/01/20 国際市場と競争戦略 10/01/20 APPROACH TO THE ANALYSIS OF COMPLEX SYSTEM 10/01/20 Analyses of Purchasing Behavior in the Artificial market & its agents 10/01/20 An analysis on product design(1) Characteristic of precision-optical-products market 10/01/20 An Analysis on Product Design (2) Market character of Precision optical products 10/01/20 INTERNATIONAL TRADE&TECHNOLOGICAL INNOVATION 国際貿易と技術革新 10/01/20 Analysis on Information Technology and corporate strategy 10/01/20 国際取引論講義2009年度 案 10/01/20 研究の過去実績(2001年まで) 10/01/20 不完全市場の企業戦略 10/01/20 進路開拓と就職準備について 10/01/20 Structure of product market & corporate strategy(material) 10/01/20 国際取引論の学問体系 10/01/20 研究領域の紹介(武上ゼミ) 10/01/20 貿易の働き(講義資料) 10/01/20 拓殖大学大学院商学研究科のガイダンス 指導内容 10/01/20 日本のエネルギー資源貿易政策(3) 10/01/20 日本のエネルギー資源貿易政策(2) 10/01/20 日本のエネルギー資源貿易政策(1) 10/01/20 円高による輸出不振は日本産業の空洞化を招く 10/01/20 多国籍企業論の内容 10/01/20

燃料油脂新聞社

国際エネルギー機関 IEA

http://www.exxonmobil.com/Corporate/

エクソン・モービル(スタンダードオイル)

Royal Dutch Shell ロイヤルダッチ・シェル

Pertonas ペトロナス (マレーシア)

GAZPROM ガスプロム(ロシア)

CNPC ペトロチャイナ

AGIP/ENI(イタリア)

Chevron(US)

PERTAMINA(プルタミナ・インドネシア)

k takegami

  • k takegami

石油動向:石油情報センター日本エネルギー経済研究所

JOGMEC:石油天然ガス・金属鉱物資源機構

投稿リスト

  • 貿易関係 リンク・リスト
    JETRO http://www.jetro.go.jp/links/ 経済産業省 ‐外務省 資源エネルギー庁 税関総務省統計局、統計センター 環境省 . OECD日本政府代表部 ‐投資委員会「多国籍企業行動指針」 日本貿易保険 産業技術総合研究所 (財)国際経済交流  国立環境研究所 経済産業研究所 中小企業基盤整備機構 国際協力銀行(JBIC) 国際協力機構(JICA)科学技術振興機構 ‐サイエンスポータル国際観光振興機構(JNTO) 日本銀行 東京商工会議所 (社)日本経済団体連合会(社) 環日本海経済研究所(ERINA) 日本銀行金融研究所 日本商工会議所(財)経済広報センター..貿易・投資関係機関等(財)日本関税協会(財)国際貿易投資研究所(ITI)(財)対日貿易投資交流促進協会(MIPRO) (社)日本貿易会 (財)貿易研修センター日・欧産業協力センター日露貿易投資促進機構 (財)海外貿易開発協会 (財)海外技術者研修協会 (財)安全保障貿易情報センター(CISTEC) (社)日本通関業連合会貿易アドバイザー協会(AIBA)
  • 投稿リスト
    タイトル 技術拡散と市場成果 経営戦略と市場行動 電子技術関連産業と製品市場構造 グローバルR&Dシステムの構築 MNCの内部化理論 市場成長と技術のプロフィール 自動車産業の貿易構造と産業内分業体制 国際技術移行モデル(事例分析) 技術革新と国際投資市場 プロダクトライフサイクル仮説と製品市場戦略 Product design and market strategy(3) Strategic Information System & technical method of marketing simulation 国際市場と競争戦略 APPROACH TO THE ANALYSIS OF COMPLEX SYSTEM Analyses of Purchasing Behavior in the Artificial market & its agents An analysis on product design(1) Characteristic of precision-optical-products market An Analysis on Product Design (2) Market character of Precision optical products INTERNATIONAL TRADE&TECHNOLOGICAL INNOVATION 国際貿易と技術革新 Analysis on Information Technology and corporate strategy 国際取引論講義2009年度 案 1 研究の過去実績(2001年まで) 不完全市場の企業戦略 進路開拓と就職準備について Structure of product market & corporate strategy(material) 一年生オリエンテーション講義 国際取引論の学問体系 研究領域の紹介(武上ゼミ) 貿易の働き(講義資料) 拓殖大学大学院商学研究科のガイダンス 指導内容 日本のエネルギー資源貿易政策(3) 日本のエネルギー資源貿易政策(2) 日本のエネルギー資源貿易政策(1) 円高による輸出不振は日本産業の空洞化を招く 多国籍企業論の内容

DOE:アメリカエネルギー機関

Oil and Gas Investor エネルギー市場情報

講演・セミナー実績

  • 講演会・セミナー・フォーラムなど実績
    講演会・セミナー・フォーラムなど実績 講演会: ①株式会社アマダ社 ②テレビ朝日 ③日本ビジネスコミュニケーション学会 ⑤全国信用金庫協会     ⑥愛知県経済同友会主     ⑦愛知県半田市役所     ⑧愛知県常滑市役所    

OPEC 石油輸出国機構

JICA院生訪問

  • 198 2011 6-10 JICA 横浜 訪問
    2011 6-11 JICA 横浜 訪問講義と見学

AngloAmerican アングロアメリカン (資源メジャー)

職業訓練(貿易英語・貿易実務)のページ 2014 大学院貿易講座

  • 厚生労働省東京、神奈川労働局の実施する職業訓練 (数少ない貿易分野の仕事志望者を支える技術訓練) 貿易分野の業務は、これまで経験重視のキャリアプランが中心だったが、IT化が税関NACCS他用いられ、またグローバル化により様相が変わってきている。特にモノからサービスへの貿易転換で、取引仕組みや、ドキュメント作成のディスシプリンもファイナンス取引に移行している。 (2013年度訓練生の皆さんと)

レアメタルリアルタイム市況チャート

レアアース市況動向

原油・石油製品市況

ウラン市況動向

米国政策提案リベラル系シンクタンク:ブルッキングズ研究所

戦略国際問題研究所CSIS

ロイター経済情報

  • ロイター経済情報
    CFDブログパーツCFD

経済チャート・市況情報

米国エネルギー株 市況

DowJones U.S.Market Atlas 米国企業情報データベース

中国ビジネスサポートサイト「Chinawork」

飯野海運株式会社

Frontline(フロントライン)

Energy Bulletin : Post carbon institute

旧外地産業・戦前石油関係資料室

パリOECD本部  forum 2011

  • 50asite
    OECDパリ本部 12/6-8 国際投資フォーラム出席 戦後最大の経済危機を迎えたEU経済は、それに依存するアフリカ、中南米、アジアの国々に多大な影響を与えている。米国主導のOECDが、この難局に政策提案する。

Dubai

  • DUBAI_599
    2011 12./10 ドバイ 国際貿易(ワールドトレード)センター 訪問

石炭大国旧東欧ポーランド訪問

  • 日本CCT技術にエネルギーのトレードオフ関係の可能性
    石炭王国ポーランドと日本のCCT技術:炭鉱の町訪問記2009 CCTクリーン・コール・テクノロジーでは先進技術を持つ日本技術の提供とポーランドの二酸化炭素排出権を供給するというトレードオフの関係強化のため、近年、政府もアプローチをおこなっている
FX 口座開設

gogo.gs
無料ブログはココログ

土門拳のリアリズム写真芸術論について:本掲載論文

「0004000016.pdf」をダウンロード

日本福祉大学福祉社会開発研究所『日本福祉大学研究紀要-現代と文化』
第110 号2004 年3 月
はじめに
芸術運動において印象主義と写実主義の対立は, 普遍的なテーマとして各芸術分野に深く影響
を与えてきた. 特に印象主義写真芸術運動とリアリズム写真芸術運動の展開する対立構図の中か
ら, 土門拳(1909 年-1990 年) のリアリズム写真運動の意義を考えてみたい.
同氏の戦前の初期芸術運動は報道写真, 肖像写真に, 戦後後期はドキュメンタリー, 日本伝統
をテーマとして日本の写真芸術界を先導した(注1).
同氏は絵画的な印象主義, さらにはプロパガンダ的写真芸術の手法に対して, 写真技術の手段
から生まれた「圧縮された現実」を分析し, 集約し, 抽象し表現する, 「真実」の意味を表現す
ることが写真リアリズムであるという. M.バークホワイトの影響を受け, 多光フラッシュと組
立キャビネの手法に独特な作風を生み出した同氏の, 日本写真史において「本当の意味で, 戦後
写真の出発点となったのは, 1950 年頃から「カメラ」誌を舞台に展開されたリアリズム写真の
249
数多き土門拳(Ken DOMON) の写真芸術に関する記述と著作を標(しるべ) に, 写真芸術家と
して最も重要な同氏の芸術作風であるリアリズム写真芸術確立の時期とその背景を探る. 筆者の関
心は, 土門拳の初期時代の作品と作品芸術論から帰納的に同氏のリアリズム写真芸術思想形成のプ
ロセスを導き出す事である. この時期は, 同氏にとり主体的, 印象主義的芸術論と抗し, リアリズ
ム写真芸術の確立と同氏の作品論を決定付けるヒューマニズム的写真芸術形成の時期となる.
目次
はじめに
1.1. 土門拳の写真芸術の思想背景
1.2. 土門拳のリアリズム論形成
結語
キーワードRealism (リアリズム), Photogenic (フォトジェニック),
Humanism (ヒューマニズム), Metier (マチエール), Image-scene (心象風景)
〈研究ノート〉
土門拳のリアリズム写真芸術論について
武上幸之助
運動」(注2)である. 桑原甲子雄による同誌編集の写真審査(所謂, 土門月例) を務めた土門拳は,
写真リアリズムについて「カメラとモチーフの直結」と「絶対非演出絶対スナップ」のテーゼを
提唱し(注3),社会派写真家として活動する. 「リアリズム」はその第一回審査(昭和25 年1 月号)選
評で, 初めて, 用いられた表現である. ここでは同氏の写真芸術運動に関する記述と評論, また
同氏への批評から抽象して, 写真リアリズムの意義について考察してみたい.
1.1. 土門拳の写真芸術の思想背景
写真技法においては, 1920 年頃より, 大型カメラ, キャビネ版組立暗箱から手札レフレック
スへ撮影の主流が変わると共に, 写真は「在来の絵画から構図的な方面だけを模倣した芸術写真
が大流行で, ひと口にいえば日本画風の図柄を, 印画制作にゴムやプロモイルの技法で作りあげ
たものだ.」(注4)と同氏は語る.
1930 年代世界の写真芸術の潮流は, アメリカン・デモクラシーの実践を報道写真を通じ表現
するアイゼンスタットとバーグホワイトによる「Life」(1936 年), 「Look」(1937 年) の創刊に
代表されるフォトドキュメンタリーの方向であり, 極めて社会性を帯びた時代の芸術運動である.
「大衆の写真に対する感受性が変化し」, そして「社会現象を対象とすることによって社会そのも
のと切り離しがたい質」(注5)を持つようになる. 「Life」は, 社会ドキュメンタリーとしての報道
写真が, 社会現実に対し, 主体的な批判認識を持ち, その結果生み出された主題テーマの存在重
要性を示したが, このスタンスが, 同氏に強い影響を与えたと考えられる.
東北人に一般的な寡黙な粘り強い, また多く都会にあっては, 狷介孤独である一方, 一度, 手
法を勝ち得ると雄弁に自己主張できる気質から, 同氏は, そのリアリズム写真芸術について自身,
多くを語り, 著作として精力的発表を行っている. 「土門拳の内面を律し, 芸術活動へと彼をつ
き動かしている「核」のようなものは生まれて八歳まで育った雪国山形県酒田港の暗い空と日本
海という原風景, 原体験であるだろう」岸哲男(1982)
特にその思想的背景を研究した重森(1974 年) は, 以下, 土門拳の思想形成に仮説を与えて
いる. 土門拳のリアリズム写真に, 影響を与えた写真家に濱谷浩が挙げられる. 「濱谷浩が, 記
録的方法において民俗学や, 和辻哲郎の「風土」論を自覚的に採用していたことは,」「グラフ・
ジャーナリズムの手法とは, それが決定的に位相を異にし, しかも独自な方法論の輪郭をなすも
の」であり「この方法論が生活の古典という伝統を意識するところに発していた」. この点で,
土門拳は錦絵に注目していたといわれる. 「錦絵は庶民の情報機能を果たし, しかしきわめて高
い諷刺的精神を発揮していた. この錦絵への着目は1935 年, 名取洋之助がドイツから報道写真
の考え方と様式をもちかえり, いわゆる日本にグラフ・ジャーナリズムを開拓しようとして始め
られた日本工房へ参加した時点だったといえる.」(注6)
日本工房では, 報道写真のあり方を巡り, 機能主義者と評される(注7)名取氏との対立があり,
その後の写真リアリズム運動の基礎となる. 「1936 年に創刊された「ライフ」に強く刺激を受け,
現代と文化第110 号
250
とりわけイタリア戦線に従軍したマーガレット・バーグホワイト(注8)の」「批判的なカメラ・ワー
クに影響されてもいた.」「他方, 名取がはじめた国外宣伝グラフ「NIPPON」は, 名取のグラ
フ・ジャーナリズムに対するパイオニア的な抱負と情熱にもかかわらず, 当時のファッショ的海
外宣伝政策を反映せざるをえなかったというような事情が, 土門拳に報道写真というものに対す
る危惧感を, おそらくは与えずにはおかなかったにちがいない.」重森の述べる錦絵とは, 風刺
(satire)画を具体的に指摘していると考えられるが, 「錦絵はむろん近代的なグラフ・ジャーナ
リズムとは異質だが, 上からの情報に抗して, 庶民の批判意識をフィードバックさせる報道機能
に, 日本的な報道写真の原型を土門拳はみていたのではないだろうか」という. さらに「写真リ
アリズムを唱導するようになったいきさつも, 報道写真が戦争中に犯さざるを得なかった国家宣
伝的なメディアへの傾斜に対する批判とそれに参加せざるを得なかった自己への自戒からであっ
た」と思われる. 1938 年には, 同氏はこの運動として青年報道写真研究会を結成する.
同氏の写真リアリズムの潮流には, 「批判的リアリズムから, 社会主義的リアリズムへ向かっ
ていく」故に, 「今日只今に生きる人間としての怒りや喜びや悲しみ」を訴える実践的方法とし
て, 同氏の提唱は, 戦前のサロニズムの翳をまだ強くひいていたアマチュアに深い影響を与え,
写真リアリズム運動は, 土門拳の個性的な指導力とそれを支える戦後の新しいアマチュア層との
結びつきにおいて, めざましい発展を遂げた.
但し, 1955 年頃になると写真リアリズムにも内省的な方向性の転換が生じ, 「モチーフと表現
手段の二つに分け, その二つを統一し決定づけるのはテーマ性の確立である.」と同氏自身の独
自社会派リアリズムの模索が開始する.
1.2. 土門拳のリアリズム論形成
写実主義派と印象主義派の対立の構図は, 写真芸術論の典型的, 普遍的なテーマである. 土門
拳によれば, 写実主義派は, 写真リアリズムの中心概念であり, 自然主義的な概念へ発展, 一方,
印象主義派は, 所謂, サロン風絵画的写真論であり, 形式主義へ至ると捉えられた. 戦前のプロ
パガンダへ利用された写真技術もこの後者の潮流にあると考える(注9).
日本工房, その後の外務省国連団体国際文化振興会など国策運動から離別した同氏は, 1950
年代からの写真リアリズム運動での「オーガナイザー」として戦後, 1946 年復刊した「カメラ」
(アルス) において苛烈な世相を生きる小市民をとらえた「街」及び「連作・今日を生きる」を
連載, さらに同誌において月例選者として評論活動を開始する. この時期は「第一期リアリズム
写真」の形成期と捉えられる(注10).
米国におけるこの時期の写真芸術では, A.スティーグリッツが, 1930 年当時の絵画主義的写
真運動に抗してストレートフォトを主張, 近代写真源流をスナップ手法で築いた.
桑原甲子雄によると, 土門拳は自分の作風について「即物主義の日本的土着」と評したとい
土門拳のリアリズム写真芸術論について
251
う(注11). その基本的方法論として‘モチーフとカメラの直結’を提唱し, 写真の新しい造形要素
として,‘マチエール’を説明し, 写真家の自覚的体系として‘テンペラマン―体質論’を主張
した. それは「被写体(モチーフ) を主観的に解釈抜きで直感的に把握する, 写真の記録性の機
能の再確認」(注12)であり, その直結に必要となるのは「少しでも演出的な作為的なにごりを排除
する」絶対非演出の方法を通じて「批判的な, 社会的な鋭い精神」による『写真の社会性を正し
く生かした近代リアリズム』即ち社会的リアリズム」が主張される. 1953 年ごろより, 社会的
リアリズムの作風が, 第二期リアリズムと位置づけられる.
ここでは, あらゆる作為を排除した「絶対非演出の絶対スナップ」こそ, 「カメラを完全に一
個の道具として, 自分というものを社会とまともに直結させる」ために最も正しい方向なのであ
る. (月例総評「カメラ」1953 年10 月号) 同氏のリアリズム代表的作品「街」(アルス) で, こ
のカメラワークが先駆的に用いられた.
「リアリズムということ」(「死ぬことと生きること」築地書店1974 年1 月pp. 204-207) で
は, リアリズム写真について「真実を愛し, 真実を表し, 真実を訴える」写真であり, 「真実は
あくまで歴史的であり, 従ってまた, 人間的なものである.」例えば「すぐれた画家がモデルの
過去, 現在, 未来を描写するように, またすぐれた観相家も相手の過去, 現在, 未来を的確に看
破するとするならば, ぼくたち写真家の撮る肖像写真もまたモデルの過去, 現在, 未来を浮彫り
にすることが出来ないわけがあろうか.」また言う. 「ぼくたちは人の顔を見ることができる.
『顔色を読む』ということは相手の感情的なものの観察を意味するが, 顔によって相手の人間を
直感する力は, 小さなこどもですらそなえている. 一枚の肖像写真を一個の人間像にするための
主体的な条件は, その人の顔を見る直観力にあるわけである.」写真に込められたメッセージと
象徴を読み取る意味で, 鑑賞から洞察へ思索の重点が移項することにになる.
写真リアリズムについて
「真理と正義を愛する燃ゆるような熱情をうちにひそめて, 科学者の如き冷たい客観的な目を
もって, 勇猛不退転にモチーフと取り組まずして, 真の‘直結’は実践できません. そういう実
践の中にこそ, 写真と社会性を正しく生かした近代的リアリズムへの道があります. いわば, そ
れは味もしゃしゃりもない非情の写真です. 人生の美はもとより, その醜さをもたじろがずに写
し抜く激しい精神なくして, 何んでリアリズムと言い得えましょう.」(デンスケ君)
「都会的憂愁の作品. フランスの‘街’の写真家アージェの作品には」「わびしい詩情がありま
す.」「芸術的価値においては, ユトリロの油絵よりもアージェの写真の方を高くかうものです.」
(オヴジェ)
「モチーフ―作者-見る人, この三つの間には共通する生活感情の共鳴があってはじめて写真
の芸術価値がきまるわけであります. 写真におけるヒューマニズムということも, 結局, この共
鳴しあう生活感情のことであると言い切ってよろしいでしょう.」(人参と西瓜)
「非演出の世界のあらかじめ計算し得ない非常に偶然の効果がある.」(祭の娘)
現代と文化第110 号
252
「貧しい庶民の一人, つまりぼくたち自身の仲間, あなた自身でなければぼく自身であるかも
しれない.」「だれしもこんな生活体験をもっているだろう. その生活体験に呼びかけて, いわば
身につまされる一人称的な錯覚を呼ぼうとするわけである.」(橋の上)
「その地表を掻きなでては, 生きる糧をつかもうとする基地周辺の住民の哀れにもたくましい
姿をこそ, 作者としては最も努力を傾けて撮り切らねばならなかったものというべきである.」
(弾丸拾いの主婦)
「作者の感覚と技術が常に弾力性を持って行き詰ることなく, 人間的, 社会的なすぐれたドキュ
メンタリーを残すこと」(青空楽団)
「今まで日本のアマチュア作家が大体に於いて俳句的な, 気分的な情緒主義に立っていたのに
対して, 近代的な合理主義的造形的な方法論をもって」「アメリカ人やフランス人に見せても,
直ちに同感できるような普遍性」(白い橋)
「見る人が素直に作者の愛情に共感できる」(ママとルミちゃん)
「人生の断面をさまざまと視覚化した人間像を掘り下げ」「モチーフに対する作者の感激の度合,
量と質, それを画面化する作者の技術によって全く等しい条件であっても作品に高低がつきます」
(車中スナップ)
ヒューマニズムについて
「ぼくが写真においてリアリズムの立場をとるのも, つまりは, 人間の全存在を決定する事実
というものの絶対性に帰依するからである. そしてカメラのメカニズムこそは, 事実そのものの
鋭敏なレコーダーであり, 逆にまた仮借ない嘘発見器でもある. それは自分と生きていくことの
実証そのものである.」(ヒューマニズムについて) また「江東のこどもたち」1945 年では, 当
時最も貧窮者の密集した貧困実態をありのままの姿で写し, 社会的「リアリズム表現が現実を変
革するうえに強力な作用」を及ぼすことを試みた.
写実的人道主義について
「人間社会の縮図, 貧しき庶民の不幸, 幸福への共感. 人間心理の深層に迫り, 何人の琴線に
も触れる素朴なヒューマニズム.」こそが「鏡に映るがごとく現実を再現するリアリズムの正道
を踏み, 緻密な観察者の目を通して写し撮る正確な人間的記録」に表現されるわけである.
「僕が戦後どうしてリアリズムを提唱したのかについては, 戦前あるいは戦時中の, 自分のこ
とを話さなければならない. 昭和十年に名取洋之助(注13)の日本工房にはいってから, 昭和十四年
に国際文化振興会の嘱託になる間だから, 昭和十三年のことだが外人がやっていた「シュライナー
事務所」という. 写真通信社に一ヶ月間働いていたことがあった. これは本社がアメリカで
I.N.P (インターナショナル・ニュース・フォト) といって, 各地から送ってきた写真を, 各地
方新聞社に紙型にして発送していた. だから一つの写真が驚くほどたくさんの新聞に掲載される.
そのプレス・サービスの力を知った.」しかし「終戦までの戦前十年間は, ほとんど対外文化宣
土門拳のリアリズム写真芸術論について
253
伝の仕事をしてきた. その間, 文楽や文化人の肖像, 室生寺など自分の写真を少しは撮ったが,
対外宣伝に十年間も若い仕事ざかりを使ったということは, いま考えてみると, たいへんなロス
だったと思う.」「十のものを百に見せようとする対外宣伝写真は, 欺瞞的な写真である, とつく
づく考えさせられた. リアリズムの自覚に到達したのは, こういう経験と苦労をさせられたから
で, 初めからリアリズムをやっていれば, 現在ではもっと進んでいたかもしれないし, もっとよ
かったろうと思う. が, やっぱりこういう経験をへた戦後でなければ, リアリズムの正しさはわ
からなかったのだ.」「それで戦後, 写真は絶対非演出でなければならない, といい出したのは血
の出るような叫びだったというわけだ.」「したがって写真も, こっちの赤心を人にたたき込んで
撮らねばならない.」
写真の芸術性について「写真は人間性を基本に考えていけばいいのだと思う. つまり記録され
た写真, 記録された事実に, いかに人間性があるかということ. これを見のがしてはいけない.」
と述べるが, おそらくは, 写真に込められたメッセージを読み取るという従来とは異った視点か
らの手法について, 同氏のメッセージとは, 人間性, 即ちヒューマニズムであったろうと推測で
きる.
交遊について「僕が好きだった人は,」「(リアリズム文学の人民文庫を主唱した) 武田麟太郎
だ. 彼はほんとうに心のあたたかい裸の人間だったナ. 僕はよく茅場町のアパートに遊びにいっ
た. 安井曽太郎, 安田靭彦, 浜田庄司, 富本憲吉, 志賀直哉, 高村光太郎なども好きでよく訪問
した. 僕は彼らの人間的なもの, その芸術の方法論を, 写真におきかえて影響を受けているとい
えるだろう.」飯沢(1993) は, 日本写真史に与えたリアリズムの影響として, この時期までの
写真で問われることの無かった写真の意味, テーマやメッセージを重要視する姿勢の定着を掲げ
る. これより写真芸術の方向性が決定付けられたといえる. 「写真表現において形式やフォルム
やテクスチャアよりも, 写真の意味やテーマやメッセージを重要視する」ことにより「カメラと
モチーフの直結」を通じて, 「そこに何が写っているかという題材の発見と定着」である. 土門
拳は, 芸術家としての資質として「テンペラマン―体質」と「画面のマチエール」に対する感受
性を持つ写真家として写真芸術に大きな足跡を残したのはこの点にあったと考えられる(注14).
結語
スナップ写真による現実のありのままの描写を通じ, 社会認識を啓蒙し, 社会改良を意識する
同氏の前期写真運動に於いて, リアリズム写真運動のカリスマ的なオーガナイザーとして写真芸
術を牽引した土門拳の功績は, 多くの影響を写真界に残したが, 特に以下の点をここで掲げたい.
それは写真芸術のプロパガンダ利用への危惧と警鐘を鳴らし, さらに社会との接点で, 広く一
般に開かれた芸術を目指し, 多くの大衆アマチュア層に芸術運動を広め, リアリズム写真芸術性
を高めた点, そして写実的写真にメッセージを込め, 表現し, それを読み取るという新しい写真
芸術のあり方を確立し, そこに人間性への共感を, ヒューマニズムに求めた点, 以上の二点で高
現代と文化第110 号
254
く評価される.
現代の, 特に写真技術の革新, デジタル化の波は, 表現メディアとして写真を情報として処理
し, 様々な表現加工を可能にした. 従来の写真技術の制約を開放し, コンポラティブ写真様式等
を典型として, 新たな写真芸術運動を推進する原動力にもなる. しかし写真芸術に対して時代の
検証としてのルポタージュ性, ドキュメンタリー性へも, 強い影響を与えるものとして, 写真芸
術のありかたを根底から変化させつつある. 写真芸術と社会現実を結びつける実践活動としての
同氏のリアリズム写真運動の意義を, この時代的潮流の中で, 再検討してみる必要がある.
同氏の生きた時代の写真リアリズムの求めた「汚れた現実」(岸哲男)は, 戦後60 年近く経過
すると飽食の時代を迎え, アマチュア写真家の中にも, 写真芸術にも, リアリズム意識は停滞し,
拡散してしまったが同氏は, 明確な「リアリズム」の芸術的定義を言明した. 様々な著作の中か
ら関連する表現を拾うと「カメラとモチーフの直結こそが, 優れた芸術作品の基本条件」であり,
ぎりぎりの緊張感の中での「実相観入」に他ならぬ. 例えばそれは「絶対非演出の絶対スナップ」
であり「独自のフォトジェニックの世界」, 「ヒューマン・インタレスト」のある, 「現実を直視
し, 現実をより正しい方向へ振り向けようとする抵抗の精神」の「写実的表現」である. 具体的
なリアリズムの定義を同氏の発言から集約すると「われわれの志すのは, 社会に生きている人間
の生活と人間というものをモチーフにした社会的なリアリズム」(52 年8 月号選評)であり, 「最
も本質的なギリギリのものを見すかすだけの批判的な, 社会的な鋭い精神と, 冷たい客観的な眼
を必要とし, その実践の中にこそ写真の社会性を生かした近代的なリアリズムへの道がある.」
(50 年8 月号選評) さらに「リアリズム写真はスナップ写真ではない. それを乗り越えて, 僕た
ちは, 新たにテーマ性の問題に取り組まねばならない. 典型というもの(社会生活全体の勉強か
ら, 何が対象の本質かという典型を分析し発見すること.) とテーマ性, この2 つの問題を実践
的に解決する闘いを闘うならば, 日本のリアリズムは初めて世界的な広場にその旗を堂々と上げ
ることになるであろう」(52 年12 月号選評). リアリズムは「生きる態度」(岸哲男)であり, 対
象の本質をえぐるためには客観の眼が必要となる. この客観の眼が捉えるリアリズムとは, 「対
象と自己」との間の人間性への共感である.
土門拳のリアリズム写真芸術論について
255
(土門拳;年表・主要作品)
1909 年山形県飽海郡酒田町で生誕
1917 年7 歳飯倉尋常小学校入学
1923 年13 歳同尋常小学校卒業
1928 年18 歳神奈川県立横浜第二中学校卒業
1933 年23 歳上野池之端宮内写真場門下生:商業写真に懐疑
1935 年25 歳日本工房入社
1936 年26 歳亀倉雄策と知己
1938 年28 歳青年報道写真研究会結成
1939 年29 歳日本工房退社国際文化振興会嘱託カメラマン
1940 年30 歳日本報道写真家協会結成常任委員
1941 年31 歳日本報道写真協会結成常任理事「文楽」作成開始
1943 年33 歳同会辞任
1945 年35 歳国際文化振興会解散以後フリーになる.
1946 年36 歳「古都巡礼」本格化
1948 年38 歳「肉体に関する八章」写真撮影叢書発表
1949 年39 歳「街」カメラ社開始
1950 年40 歳「カメラ」月例写真審査員「集団フォト」結成顧問
1951 年41 歳「風貌」開始
1953 年43 歳「風貌」アルス社発表
1954 年44 歳個展「江東のこどもたち」開始「室生寺」美術出版社
1955 年45 歳「室生寺」毎日出版文化賞日本写真協会功労賞
写真展「江東のこどもたち」
1956 年46 歳「フォトアート」月例審査
1957 年47 歳「ヒロシマ」開始
1958 年48 歳「古都巡礼」カメラ毎日連載「中尊寺」美術出版社「ヒロシマ」研光社
1959 年49 歳「日本風土記」「民族の美」開始「西方寺・竜安寺」美術出版社
1960 年50 歳芸術選奨受賞「筑豊のこどもたち」パトリア書店
「るみえちゃんはお父さんが死んだ」研光社
「日本の彫刻飛鳥・平安編」美術出版社
写真展「筑豊のこどもたち」
1961 年51 歳毎日芸術賞「法隆寺」「室生寺」美術出版社
「春日大社」美術出版社
1963 年53 歳「フォトアート」月例審査「古都巡礼―第一集」美術出版社
1965 年55 歳「古都巡礼―第二集」美術出版社
現代と文化第110 号
256
「信楽大壷」東京中日新聞社
「大師のみてら―東寺」美術出版社
1966 年56 歳「日本人の原像」平凡社
1968 年58 歳「古都巡礼―第三集」美術出版社
写真展「憎悪と失意の日々―ヒロシマはつづいている」
1969 年59 歳「日本の寺」美術出版社
1971 年61 歳菊池寛賞受賞「薬師寺」毎日新聞社
「古都巡礼―第四集」美術出版社
「荻原守衛」筑摩書房
写真展「仏像遍歴」
1972 年62 歳「文楽」駸々堂
1973 年63 歳紫綬褒章受賞「東大寺」平凡社
写真展「文楽」「古都巡礼」
1974 年64 歳「死ぬことと生きること」「続・死ぬここと生きること」築地書館
「日本名匠伝」駸々堂
「古窯遍歴」矢来書院
「古都巡礼―第五集」美術出版社
1977 年67 歳「こどもたち」ニッコールクラブ
「風景」矢来書院
「写真作法」ダヴィット社
写真展「文楽と土門拳」「古窯遍歴」
「私の履歴書」全25 回日本経済新聞
1978 年68 歳「写真批評」ダヴィット社
1979 年69 歳朝日賞仏教伝道文化賞受賞「写真随筆」ダヴィット社
写真展「現代彫刻」
1980 年70 歳「日本の美-艶」集英社
1981 年71 歳土門拳賞(毎日新聞社) 制定
1983 年73 歳土門記念館開館
1990 年80 歳心不全にて死去
(小学館編:土門拳全集. 小学館1988 より作成・尚, 作品発表年令は概ね目安)
土門拳のリアリズム写真芸術論について
257
参考文献
1) 新潮社編「芸術新潮」新潮社1968 年5 月号1986 年5 月
2) 土門拳「写真作法」ダヴィット社1976 年9 月
3) 土門拳「写真随筆」ダヴィット社1979 年6 月
4) 土門拳「写真批評」ダヴィット社1978 年5 月
5) 渡辺勉「写真・表現と技法」ダヴィット社1976 年9 月
6) 岸哲男「戦後写真史」ダヴィット社1976 年9 月
7) 田中一光他監修「現代デザイン事典」平凡社1989 年3 月
8) 板垣鷹穂「近代美術史潮論」大鎧閣1927 年10 月
9) 板垣鷹穂「表現と背景」改造社1928 年10 月
10) 土門拳「土門拳―その周辺の証言」朝日ソノラマ1980 年
11) 佐復秀樹, G.フロント「写真と社会」御茶ノ水書房1987 年
12) 金子隆一・伊藤俊治「日本近代写真の成立」青弓社1987 年
13) 小堺昭三「カメラマンたちの昭和史」平凡社1983 年
14) 岩波書店編「日本写真史概観」岩波書店1999 年
15) 東京写真研究会「東京写真研究会創立90 周年記念号」1996 年
16) ピエール・ブルディー. 山県直子訳「写真論」法政大学出版局1989 年
17) フランク・ホーデヴァット「写真の真実」トレビ1994 年
18) 中川邦昭「美術写真」美術出版社1985 年
19) 京都芸術造形大学編「現代写真のリアリティ」角川書店2003 年
20) 飯沢耕太郎「戦後写真史ノート」中公新書1993 年
21) アンリ・カルチェブレッソン. 楠本亜紀訳「逃げ去るイメージ」スカイドア1994 年
22) 都築政昭「火柱の人土門拳」近代文芸社1998 年
23) 法政大学出版局「土門拳生涯とその時代」1996 年
24) 名古屋市美術館編「構成派の時代, 初期モダニズムの写真表現」名古屋市美術館1992 年
25) 金丸重嶺「写真芸術」朝日選書1979 年11 月
26) 土門拳「古寺を訪ねて―斑鳩から奈良へ」小学館文庫2001 年
27) 土門拳「筑豊のこどもたち」築地書館1977 年1 月」ハトリア書店1960 年
28) 土門拳「死ぬことと生きること」築地書館1974 年1 月
29) 佐高信「逆白波のひと・土門拳の生涯」小学館アートセレクション2003 年5 月
30) 毎日新聞社「土門拳の伝えたかった日本」毎日新聞社2000 年9 月
31) 土門拳「風貌」講談社文庫1977 年6 月
32) 土門拳「風貌」講談社文庫1978 年5 月
33) 土門拳「強く美しいもの・日本美探訪」小学館文庫2000 年8 月
34) 土門拳「腕白小僧がいた」小学館文庫2002 年9 月
35) 土門拳「拳魂」世界文化社2002 年3 月
36) 田中昭三・土門拳「長谷寺・室生寺」JTB 2002 年4 月
37) 土門拳「拳心」世界文化社2001 年12 月
38) 土門拳「拳眼」世界文化社2001 年10 月
39) 土門拳「古寺を訪ねて―東へ西へ」小学館文庫2002 年
40) 土門拳「古寺を訪ねて―京・洛北から宇治へ」小学館文庫2001 年
41) 土門拳「古寺を訪ねて―奈良西ノ京から室生へ」小学館文庫2001 年
42) 土門拳・土門たみ「昭和のこども」小学館2000 年
43) 萩原守衛・土門拳「土門拳の眼」-荻原守衛の彫刻を撮る- 碌山美術館1999 年
44) 土門拳「古寺巡礼」小学館1998 年
現代と文化第110 号
258
45) 土門拳・阿部博行「写真と人生」岩波書店1997 年
46) 土門拳「土門拳古寺巡礼」美術出版社1996 年
47) 土門拳「土門拳の昭和」小学館1995 年
48) 毎日新聞社「作家を訪ねて―土門拳の巻―」永田一脩. カメラ毎日. 毎日新聞社1959 年6 月
49) 毎日新聞社「写真家100 人顔と作品」カメラ毎日創刊20 周年記念別冊. 毎日新聞社1973 年
50) 岩波書店編「日本の写真家16. 土門拳」岩波書店1998 年3 月
51) 多木浩二「写真論集成」岩波書店2003 年6 月
52) 桑原甲子雄「私の写真史」晶文社1976 年2 月
53) 渡邊本雄「写真の作画と演出」光画叢書1931 年9 月
54) 重森弘淹「カメラアイ」日貿出版社1974 年
55) 市村清和「視線の物語―写真の哲学―」講談社1997 年
56) フランク・ホーヴァント「写真の真実」TREVILLE 1984 年9 月
57) 濱谷浩「潜像残像」河出書房新社1971 年
58) アサヒカメラ編「土門拳その周囲の証言」朝日ソノラマ1980 年
59) 中西昭雄「昭和の写真家」晶文社1990 年
60) 松本徳彦「昭和をとらえた写真家の眼」朝日新聞社1989 年
61) 土門拳「土門拳全集」小学館1983 年~85 年
62) 小学館編「日本写真全集」小学館1985 年~88 年
63) 東京創元社編「現代日本写真全集」東京創元社1958 年~59 年
64) 日本写真家協会編「日本現代写真史」平凡社1977 年
65) 渡辺勉「現代の写真と写真家」朝日ソノラマ1975 年
66) 田中雅夫「写真130 年史」ダヴィット社1970 年
67) 三島靖「木村伊兵衛と土門拳」平凡社2004 年1 月
68) 田沼武能・藤森武「木村伊兵衛と土門拳」展朝日新聞社, 毎日新聞社主催2004 年1 月
69) 伊藤逸平「日本写真発表史」朝日ソノラマ1975 年10 月
注釈
1 The gruff-looking Domon was a leading advocate of realism in Photography. His photographs
therefore look very real, and sometimes too graphic such as a skin graft operation on a Hiroshima
bomb victim. Japan was his main theme and his photographs are a valuable record of Japan's culture
and history. He has left behind a major legacy in Japan's photography world. (Photo guide
Japan Photo Reviews: Photo Japan org.)
2 同掲『日本写真史概説』pp. 69-70
3 同掲『土門拳』岩波書店pp. 5-6
4 木村伊兵衛『僕とライカ』朝日新聞社2003 年5 月p. 64
5 同掲『写真論集成』岩波書店p. 119
6 同掲『カメラアイ』p. 133
7 同掲『戦後写真史ノート』p. 18
8 「ヒューマニズムに立つ政治的な報道写真に先入未到の境地を開拓」と評す.;「世界の有名写真家の
ベストテンをあげて下さい」月刊カメラ昭和23 年12 月. 土門拳写真随想p. 15)
9 During World War Ⅱ, he refused to serve at the front. The government gave him some choices:
to work at a munitions factory, to go to the front, or to become a war photographer. He did none
of these. Although all his contemporary photographers went to the front as press photographers,
Domon stayed in Tokyo to shoot Buddhism figures and Bunraku puppet dolls.- Even on Dec. 8. 1941.
when he saw the newspaper extra that announced the declaration of war against America, Domon
土門拳のリアリズム写真芸術論について
259
was backstage at the Bunrakuza. (Mainichi Daily News: Pilgrim's progress 29 Aug 2000.)
10 「戦後写真史ノート」p. 20 ここでは, 金井精一氏の作品の持つ「市井的詩情」を評価, リアリズムの
典型としている』
尚, リアリズム写真の定義として「あくまで対象のモチーフに対する客観的な真実だけを追究するも
ので, 作者の主観的なイメージやファンタジィを追及する世界じゃない」ことである. p. 21
特に何よりも理論が先にあるのではなく, 応募されてくる写真に触発され, 彼自身も思っていなかっ
たであろう方向に論理が展開する様が見えるのが興味深い. p. 23
11 同掲『私の写真史』p. 181
12 同掲『日本写真史概説』p. 71
13 JCII:名取洋之助と日本工房作品展―報道写真の夢― 2003 年12 月14 日. 名取研究会シンポジウ
ム:名取洋之助と日本工房について
14 There seems to be very few people like Domon, who carries through to his original intention:
Attain original intention as Mr. Domon did. This kind of firm determination will make world famous.
(フランセス・フォード. 鍵山秀三郎「凡事徹底」2003 年6 月5 日)
15 八木下弘編「土門拳を撮る」築地書館岸哲男「土門拳のリアリズム写真」1982 年1 月
現代と文化第110 号
260

ウェブページ

資源貿易 第二研究室 (資源開発・貿易のページ)

資源貿易 第四研究室 ー中国・アジア貿易ビジネス編ー

資源 貿易 資料データ

  • 資源 貿易 資料データ

新生・ライカ紀行

DHL スイスビジネス事情