2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

world estate

FX Trade

  • FXチャート ブログパーツFX

資源貿易リンク

記事リスト①

  • 2010.1-10 記事リスト①
    中国の貿易政策と海外戦略 10/10/21 中国レア・アース危機への対応 10/10/21 中国との貿易交渉術 10/10/19 円高デフレと産業構造変化 10/10/18 日本と資源大国ロシアの石油産業 10/10/18 非資源国の石油調達戦略 10/10/15 日本の貿易政策;FTA協定(4) 10/10/11 日本の貿易政策:FTA協定(3) 10/10/11 日本の貿易政策:FTA協定(2) 10/10/11 日本の貿易政策:FTA協定(1) 10/10/11 日本貿易の生命線:輸出市場の転換点 10/10/06 日本の資源エネルギー貿易政策(3) 国際独占資本ロイヤルダッチシェルのアジア市場戦略 10/10/02 JETRO 海外調査部 中国市場開拓セミナー参加報告 10/09/09 (2)産業空洞化( de-industrialization )と貿易政策 10/09/07 貿易政策の使命:外需(外部経済)としての景気対策(1) 10/09/07 中国農民工の子弟と日本の大学教育 10/08/21 貿易の定義(教材) 10/06/26 拓殖大学大学院 商学研究科説明会  貿易論の講座内容 10/06/26 2010 国際商取引・貿易演習ゼミ 科目構成(武上ゼミ) 10/06/26 国際取引論の学問体系について 10/06/26 円高による輸出不振は日本産業の空洞化を招く 10/06/26 授業参考資料:日本石油産業転換点(6/23出典ダイヤモンド小島武志氏) 10/06/23 拓殖大学経営経理研究所 研究発表・研究紹介 2010.4. 10/06/23 日本経済のサービス化とサービス貿易の発展 10/06/23 日本と世界のエネルギー貿易(基礎ゼミ資料) 10/06/23 日本のエネルギー資源貿易政策(2)戦後石油産業生成期から見る貿易特性 10/06/23 定期考査・課題リポートの件 10/06/17 貿易論を学ぶ学徒へ:恒産なくして恒心あり 10/06/16 国際取引・貿易ゼミ 「卒業論文のテーマ設定について」 10/06/15 拓殖大学商学部 多国籍企業論 キーワード 講義メモ 2010/5 東洋経済新報社版 テキスト 第8章 独占と不完全競争 10/04/09 東洋経済新報社 テキスト 第9章 寡占経済 10/04/09 2010年度 商学部 国際取引・国際貿易論 講義要項 10/04/09 2010年度大学院商学研究科 講義要項 10/04/09 講義資料:中国・台湾貿易の特徴 (学内使用に限るJETRO HP出典資料より修正) 10/04/09 円高問題とデフレ経済 10/04/09 国際収支・対外負債勘定の急激な変化 2010 10/04/09 国際独占資本の市場支配 10/04/08 資源無き国の貿易政策 10/04/08 貿易通貨と円の起源 10/04/08 中国留学生へ 学問・資格 10/02/20 貿易理論 講座研究用資料 ダウンロード1 10/02/18 経済・貿易理論 第十五章 東洋経済新報社版 テキスト 10/02/17 経済・貿易理論 第十七章  10/02/17 経済・貿易理論 第一章 (東洋経済新報社版 オンラインテキスト)10/02/17 東アジア貿易の構造変化分析 10/01/22 Research & Development Management and Technology Transfer 10/01/20 一年生オリエンテーション講義 10/01/20 技術拡散と市場成果 10/01/20 経営戦略と市場行動 電子技術関連産業と製品市場構造 10/01/20 グローバルR&Dシステムの構築 10/01/20 MNCの内部化理論 10/01/20 市場成長と技術のプロフィール 10/01/20 自動車産業の貿易構造と産業内分業体制 10/01/20 国際技術移行モデル(事例分析) 10/01/20 技術革新と国際投資市場 10/01/20 プロダクトライフサイクル仮説と製品市場戦略 10/01/20 Product design and market strategy(3) 10/01/20 Strategic Information System & technical method of marketing simulation 10/01/20 国際市場と競争戦略 10/01/20 APPROACH TO THE ANALYSIS OF COMPLEX SYSTEM 10/01/20 Analyses of Purchasing Behavior in the Artificial market & its agents 10/01/20 An analysis on product design(1) Characteristic of precision-optical-products market 10/01/20 An Analysis on Product Design (2) Market character of Precision optical products 10/01/20 INTERNATIONAL TRADE&TECHNOLOGICAL INNOVATION 国際貿易と技術革新 10/01/20 Analysis on Information Technology and corporate strategy 10/01/20 国際取引論講義2009年度 案 10/01/20 研究の過去実績(2001年まで) 10/01/20 不完全市場の企業戦略 10/01/20 進路開拓と就職準備について 10/01/20 Structure of product market & corporate strategy(material) 10/01/20 国際取引論の学問体系 10/01/20 研究領域の紹介(武上ゼミ) 10/01/20 貿易の働き(講義資料) 10/01/20 拓殖大学大学院商学研究科のガイダンス 指導内容 10/01/20 日本のエネルギー資源貿易政策(3) 10/01/20 日本のエネルギー資源貿易政策(2) 10/01/20 日本のエネルギー資源貿易政策(1) 10/01/20 円高による輸出不振は日本産業の空洞化を招く 10/01/20 多国籍企業論の内容 10/01/20

燃料油脂新聞社

国際エネルギー機関 IEA

http://www.exxonmobil.com/Corporate/

エクソン・モービル(スタンダードオイル)

Royal Dutch Shell ロイヤルダッチ・シェル

Pertonas ペトロナス (マレーシア)

GAZPROM ガスプロム(ロシア)

CNPC ペトロチャイナ

AGIP/ENI(イタリア)

Chevron(US)

PERTAMINA(プルタミナ・インドネシア)

k takegami

  • k takegami

石油動向:石油情報センター日本エネルギー経済研究所

JOGMEC:石油天然ガス・金属鉱物資源機構

投稿リスト

  • 貿易関係 リンク・リスト
    JETRO http://www.jetro.go.jp/links/ 経済産業省 ‐外務省 資源エネルギー庁 税関総務省統計局、統計センター 環境省 . OECD日本政府代表部 ‐投資委員会「多国籍企業行動指針」 日本貿易保険 産業技術総合研究所 (財)国際経済交流  国立環境研究所 経済産業研究所 中小企業基盤整備機構 国際協力銀行(JBIC) 国際協力機構(JICA)科学技術振興機構 ‐サイエンスポータル国際観光振興機構(JNTO) 日本銀行 東京商工会議所 (社)日本経済団体連合会(社) 環日本海経済研究所(ERINA) 日本銀行金融研究所 日本商工会議所(財)経済広報センター..貿易・投資関係機関等(財)日本関税協会(財)国際貿易投資研究所(ITI)(財)対日貿易投資交流促進協会(MIPRO) (社)日本貿易会 (財)貿易研修センター日・欧産業協力センター日露貿易投資促進機構 (財)海外貿易開発協会 (財)海外技術者研修協会 (財)安全保障貿易情報センター(CISTEC) (社)日本通関業連合会貿易アドバイザー協会(AIBA)
  • 投稿リスト
    タイトル 技術拡散と市場成果 経営戦略と市場行動 電子技術関連産業と製品市場構造 グローバルR&Dシステムの構築 MNCの内部化理論 市場成長と技術のプロフィール 自動車産業の貿易構造と産業内分業体制 国際技術移行モデル(事例分析) 技術革新と国際投資市場 プロダクトライフサイクル仮説と製品市場戦略 Product design and market strategy(3) Strategic Information System & technical method of marketing simulation 国際市場と競争戦略 APPROACH TO THE ANALYSIS OF COMPLEX SYSTEM Analyses of Purchasing Behavior in the Artificial market & its agents An analysis on product design(1) Characteristic of precision-optical-products market An Analysis on Product Design (2) Market character of Precision optical products INTERNATIONAL TRADE&TECHNOLOGICAL INNOVATION 国際貿易と技術革新 Analysis on Information Technology and corporate strategy 国際取引論講義2009年度 案 1 研究の過去実績(2001年まで) 不完全市場の企業戦略 進路開拓と就職準備について Structure of product market & corporate strategy(material) 一年生オリエンテーション講義 国際取引論の学問体系 研究領域の紹介(武上ゼミ) 貿易の働き(講義資料) 拓殖大学大学院商学研究科のガイダンス 指導内容 日本のエネルギー資源貿易政策(3) 日本のエネルギー資源貿易政策(2) 日本のエネルギー資源貿易政策(1) 円高による輸出不振は日本産業の空洞化を招く 多国籍企業論の内容

DOE:アメリカエネルギー機関

Oil and Gas Investor エネルギー市場情報

講演・セミナー実績

  • 講演会・セミナー・フォーラムなど実績
    講演会・セミナー・フォーラムなど実績 講演会: ①株式会社アマダ社 ②テレビ朝日 ③日本ビジネスコミュニケーション学会 ⑤全国信用金庫協会     ⑥愛知県経済同友会主     ⑦愛知県半田市役所     ⑧愛知県常滑市役所    

OPEC 石油輸出国機構

JICA院生訪問

  • 198 2011 6-10 JICA 横浜 訪問
    2011 6-11 JICA 横浜 訪問講義と見学

AngloAmerican アングロアメリカン (資源メジャー)

職業訓練(貿易英語・貿易実務)のページ 2014 大学院貿易講座

  • 厚生労働省東京、神奈川労働局の実施する職業訓練 (数少ない貿易分野の仕事志望者を支える技術訓練) 貿易分野の業務は、これまで経験重視のキャリアプランが中心だったが、IT化が税関NACCS他用いられ、またグローバル化により様相が変わってきている。特にモノからサービスへの貿易転換で、取引仕組みや、ドキュメント作成のディスシプリンもファイナンス取引に移行している。 (2013年度訓練生の皆さんと)

レアメタルリアルタイム市況チャート

レアアース市況動向

原油・石油製品市況

ウラン市況動向

米国政策提案リベラル系シンクタンク:ブルッキングズ研究所

戦略国際問題研究所CSIS

ロイター経済情報

  • ロイター経済情報
    CFDブログパーツCFD

経済チャート・市況情報

米国エネルギー株 市況

DowJones U.S.Market Atlas 米国企業情報データベース

中国ビジネスサポートサイト「Chinawork」

飯野海運株式会社

Frontline(フロントライン)

Energy Bulletin : Post carbon institute

旧外地産業・戦前石油関係資料室

パリOECD本部  forum 2011

  • 50asite
    OECDパリ本部 12/6-8 国際投資フォーラム出席 戦後最大の経済危機を迎えたEU経済は、それに依存するアフリカ、中南米、アジアの国々に多大な影響を与えている。米国主導のOECDが、この難局に政策提案する。

Dubai

  • DUBAI_599
    2011 12./10 ドバイ 国際貿易(ワールドトレード)センター 訪問

石炭大国旧東欧ポーランド訪問

  • 日本CCT技術にエネルギーのトレードオフ関係の可能性
    石炭王国ポーランドと日本のCCT技術:炭鉱の町訪問記2009 CCTクリーン・コール・テクノロジーでは先進技術を持つ日本技術の提供とポーランドの二酸化炭素排出権を供給するというトレードオフの関係強化のため、近年、政府もアプローチをおこなっている
FX 口座開設

gogo.gs
無料ブログはココログ

「古書捜し・ブックコレクション」:日本・世界の文献事情:「書物春秋」光明堂書店

フリッツ・リンガーは「読書人の没落」の中で、「読書人が形成され、繁栄するのは農耕社会を背景としての工業化社会の最高期に至る過程である」と述べている。

文字と言う「細い糸」を手繰り寄せて、自己の世界観へ連想を結びつけるのは、文字イメージの関係推理力であり、類推力であるが、これは、文字とにらめっこして、案じることから思考力を練る事からしか生み出されない思考力である。

自分は、早くに親に先立たれ、暗い半生を送ったが、読書が無ければ、その先行きの暗黒に潰されていたであろう。人生の多くの懸念は、取り越し苦労にすぎず、実際には生じないこともままあるが、孤独を癒すのは、先人の知見である。

「古書捜し」:日本と世界の文献事情

「書物春秋」光明堂書店(神保町)は、戦前期(大正期から昭和初期)の古書コレクション向きの図書型録であるが、現代でも、世界最大となる古書店の集積では、貴重な古書分類とコレクションへの案内手引書として優れた内容を持っている。

(目次内容)

誌名:書物春秋
号数:16号
発行日:1932年2月25日
編集人:東條英治
発行人:並河三郎
発行所:書物春秋会

「書物の街『神田』」 舟橋聖一
「虎子集(承前)」 沼田頼輔戯
「北斎挿絵本の蒐集」 織田一麿
「日清戦争前に刊行された支那に関する書籍」 松本忠雄
「装幀者としての希望」 神原泰
「啓蒙講師と書物往来」 笠丘學人
「海外消息」
「見たまま、感じたまま」 映爾

パリ、セーヌ河畔、サンジェルマン通り。ロンドン、ファーリントン通りなど、ウィーン国民図書館、カセドラル文庫、ゲーテ文庫など、また中華民国蒋介石文庫、等まで日本の古書店が、出張して書架に揃えた図書リストをみると、大正期の日本人の持っていた知識に関する関心の度合いが、インタネット時代である現在よりも、遥かに卓絶していたことが読み取れる。

本書に掲載される図書リストの多くは、100年余経過した今どこへ収集されたのであろうか。散逸されず、現存することを期待する。

現在、有斐閣発刊雑誌「図書」も同様のラインを持つが、新刊書周辺のプロモーション記事ばかりで、趣旨は全く異なる。

尚、古書組合に問い合わせると、「戦前図書はほぼ90%は戦災火災で焼失し、現存するものは僅かである」との事である。

中国の古書は文革でほぼ消失しており、台湾にも少ない。瀋陽市の一角に古書店、上海中山公園一角にも残りは少ない。ニューヨーク市アップタウン、ウィロー通りにも若干古書店が存在する。

神保町が、今も世界一の古書集積がある。

(経済合理、効率化と背反する思考力)
米国の書籍、文献は、マーケティング先進国でもあるのか、著者が著名であろうが、無かろうが売上次第で直ぐに絶版となってしまう。海外論文を読み、関連文献を拾おうと、あちこち労して捜しても、インターネット時代であるから懸命に検索しても、なかなか見つからない。恐らくは死蔵、廃棄され、販売、検索実績が無くなれば反故処分となるのだろう。
いつ誰の役に立つか分からぬ不用不急の在庫などは、経済合理性にそぐわぬ「社会悪」であり反社会的(自己矛盾するが)専門、大規模図書館、大学、研究所の図書館位が、その点で、今後も大きく(一部の理解を求める人に)社会期待されるのであろう。

イギリスのオークションハウス、サザビーは古書取引、クリスティは絵画、家具の取引を18Cから始めた。これらの老舗オークションハウスが、何故、著名で信用を集めるようになったか、それはオクスフォードのアシモレアン博物館と連携して、コレクションの意義や意味づけを営々と行なってきたからであり、当時のイギリスの海外進出で、開いた見聞の蓄積を、継承してきたからでもある。

ブックコレクターとして世界で最も著名なパリ、シラーは、後に王立協会へも寄贈したし、また王立協会は、マクルスフィールド文庫(ニュートンプリンセピアの原稿所有)を築いた。最近はウォーリントン地図コレクションでもイギリスは著名である。英国は、海外に少ない長子相続制度、税制により、コレクションが分散しなかったと言われている。

近年は、電子出版が注目され市場に商品となった図書(もはやデータである)が増えている。やがては書店も印刷本を売るのではなく、ドラッグストア化し、またアマゾンのように、インタネット上の仮想市場販売が盛んとなるだろう。多くの人々が共有する知識は、見えない支配者により作られ経済合理性で選択された理解だけが普及し、少数でしかない時代の経済合理性に合わない知識は淘汰されていくことになる。

世界一TVを見るのは、日本の若年層(平均一日5時間)だそうで、情報供給に触れているのは読書と同じかもしれないが、TVを見ても見聞が高まるという意見もある。しかし読む努力、情報を集める自分の前向きな努力がないと、情報の受け売りだけになり、結局、思考を持つこと、思考力を鍛えることにはならないだろう。インターネット時代になったが、人はあまり賢くなっていない。

電子書籍は、考える隙を与えず、読み通すのも速い。会議でもデータ端末を見ながら進めると、紙印刷資料によるものの倍は時間が節約される。忙しい現代人には適している。顧客の求めるレベル以上の商品は売れないから、作る必要もない。新聞社も電子化を叱りながら経済性を歓迎している。

「何でも鑑定団(TV東京)」でも古書文献は全く関心対象とならないが、NHK教育「古文書」「古文書を読む 生涯学習」NHK学園では、そんなマイナーな分野を静かに対象としている。

 筆者は、院卒の後、研究所で、「製品の市場拡散をモデル化」する仕事に当たっていた。マハジャン教授(現在シカゴ大学、当時、インディアナ州立大)の「コンジョイントによるバース・モデル」には、貴重な示唆がありOR学会誌で教授の文献をリストアップし、2年ほどあちこち関係先にも依頼し捜したが、結局見つからなかった。いよいよ諦めかけた折、大学図書館の古い廃棄雑誌に氏の論文を偶然、発見し資料をとることが出来た。
 知識は普及と共に価値低減し、皆に広まると存在すら忘れさられる。一方、希少な知識には何らか、現代の問題に解決のヒントを与える可能性が秘められており、経済合理性から、これを社会が支えることには、最大公約数的には負担も大きく、結局、社会でも少数の、しかも経済合理性にそぐわぬ、不経済な専門と目される人の手に委ねられることになる。
 よって一部の専門家、学者や趣味道楽者、狭くて深い市場を守備範囲とする古書店が、その希少知識の「後世への継承の責」を追うこととなる。

(専門職も一介の職人である。道具としてのこだわり書籍)
 江戸時代の文献に「大工、特に新米は、最高の大工道具を持て」という訓話がある。プロの写真家でも、若く名がなければ顧客は任せて大丈夫か不安がるから、カメラだけはプロ専用の特殊最高製品を持て、それにより顧客の信用も得られる場合があるし、機械が最高の腕を持つ人向けに作られているから、機械に合わせて技量も向上するということのようだ。

また草光俊雄氏(放送大学)は、職人としての熟練修得の研究で学者の技量と文献の意義について、研究スタイルを提示している。

日本の研究者は、文献と実験を通じた職人として研究し、その研究成果は職人としての没社会での修練度を問われる。一方、海外、韓国、中国では学者は、社会意義として政治プロジェクトに参加することが重要な意義となっている。象牙の塔の意義は、日本でもそろそろ否定されてきているが。

数学者の「オライリー」、経済学者の「岩波経済学事典」(其の他にも著名必携書あり)、また専門分野の代表的原書、歴史文献など、自分では、駆け出し学者であり、戦前の日石、宝田石油社史、米国政府、米国メジャー資料、東亜研究所、旧外地文献など30年以上収集を続けてきた。研究室にいらした仕事関係の方々は、私のことを結局、学者としての識見は、本人からは確認できないが、本棚の本(これもどれほど理解吸収しているか不明だが、「萬有科学体系」新光社など希少図書:江戸期の「群書類従」塙保己一に相当)は信用できるから間接的に本人を信用しようと努力し理解して戴いているようだ。

(古書を探す)
 ニューヨーク・マンハッタン北部ウィロー通り(オードリーヘップバーン主演の「シャレード」に、ヘップバーンが古書店の店員をする初めの部分に登場する場面)、パリ・サンジェルマン通り(欧州で最もアカデミックな雰囲気あるプルースト「失われた時を求めて」の場面)、ベルリン・フンボルト大学の古書市、ライプチヒ・トーマス教会付近、東京神田神保町(日本のカルチェラタン?日本の古書店は海外に比してかなり勢力もある。)、中国瀋陽(中国メインランドは、文革により多く古書は破棄され全く期待できない。台北市は数多く古書店があるが英語、日本物は少ない)、
図書館は欧米は圧倒的な文献収集が実施されており、ウィーン国立、ワシントン国会図書館などは、大変な蔵書でありその国の文化継承に大きな役割を果たしている。

 数少ない本HP観覧の皆様「戦前、海外、石油、石炭、外地関係」の書籍・文献を計画収集しております。どうぞ関心ある方、ご一報下さい。

ウェブページ

資源貿易 第二研究室 (資源開発・貿易のページ)

資源貿易 第四研究室 ー中国・アジア貿易ビジネス編ー

資源 貿易 資料データ

  • 資源 貿易 資料データ

新生・ライカ紀行

DHL スイスビジネス事情