資源貿易 第二研究室 (資源開発・貿易のページ)

資源貿易 第四研究室 ー中国・アジア貿易ビジネス編ー

投稿リスト

  • 貿易関係 リンク・リスト
    JETRO http://www.jetro.go.jp/links/ 経済産業省 ‐外務省 資源エネルギー庁 税関総務省統計局、統計センター 環境省 . OECD日本政府代表部 ‐投資委員会「多国籍企業行動指針」 日本貿易保険 産業技術総合研究所 (財)国際経済交流  国立環境研究所 経済産業研究所 中小企業基盤整備機構 国際協力銀行(JBIC) 国際協力機構(JICA)科学技術振興機構 ‐サイエンスポータル国際観光振興機構(JNTO) 日本銀行 東京商工会議所 (社)日本経済団体連合会(社) 環日本海経済研究所(ERINA) 日本銀行金融研究所 日本商工会議所(財)経済広報センター..貿易・投資関係機関等(財)日本関税協会(財)国際貿易投資研究所(ITI)(財)対日貿易投資交流促進協会(MIPRO) (社)日本貿易会 (財)貿易研修センター日・欧産業協力センター日露貿易投資促進機構 (財)海外貿易開発協会 (財)海外技術者研修協会 (財)安全保障貿易情報センター(CISTEC) (社)日本通関業連合会貿易アドバイザー協会(AIBA)
  • 投稿リスト
    タイトル 技術拡散と市場成果 経営戦略と市場行動 電子技術関連産業と製品市場構造 グローバルR&Dシステムの構築 MNCの内部化理論 市場成長と技術のプロフィール 自動車産業の貿易構造と産業内分業体制 国際技術移行モデル(事例分析) 技術革新と国際投資市場 プロダクトライフサイクル仮説と製品市場戦略 Product design and market strategy(3) Strategic Information System & technical method of marketing simulation 国際市場と競争戦略 APPROACH TO THE ANALYSIS OF COMPLEX SYSTEM Analyses of Purchasing Behavior in the Artificial market & its agents An analysis on product design(1) Characteristic of precision-optical-products market An Analysis on Product Design (2) Market character of Precision optical products INTERNATIONAL TRADE&TECHNOLOGICAL INNOVATION 国際貿易と技術革新 Analysis on Information Technology and corporate strategy 国際取引論講義2009年度 案 1 研究の過去実績(2001年まで) 不完全市場の企業戦略 進路開拓と就職準備について Structure of product market & corporate strategy(material) 一年生オリエンテーション講義 国際取引論の学問体系 研究領域の紹介(武上ゼミ) 貿易の働き(講義資料) 拓殖大学大学院商学研究科のガイダンス 指導内容 日本のエネルギー資源貿易政策(3) 日本のエネルギー資源貿易政策(2) 日本のエネルギー資源貿易政策(1) 円高による輸出不振は日本産業の空洞化を招く 多国籍企業論の内容

国際エネルギー機関 IEA

OPEC 石油輸出国機構

FX 口座開設
無料ブログはココログ

ロイター経済情報

  • ロイター経済情報
    CFDブログパーツCFD

gogo.gs

原油・石油製品市況

Chevron(US)

エクソン・モービル(スタンダードオイル)

AGIP/ENI(イタリア)

Royal Dutch Shell ロイヤルダッチ・シェル

Pertonas ペトロナス (マレーシア)

PERTAMINA(プルタミナ・インドネシア)

CNPC ペトロチャイナ

燃料油脂新聞社

ウラン市況動向

レアメタルリアルタイム市況チャート

レアアース市況動向

石油動向:石油情報センター日本エネルギー経済研究所

GAZPROM ガスプロム(ロシア)

Oil and Gas Investor エネルギー市場情報

米国政策提案リベラル系シンクタンク:ブルッキングズ研究所

DOE:アメリカエネルギー機関

AngloAmerican アングロアメリカン (資源メジャー)

戦略国際問題研究所CSIS

k takegami

  • k takegami

中国ビジネスサポートサイト「Chinawork」

パリOECD本部  forum 2011

  • 50asite
    OECDパリ本部 12/6-8 国際投資フォーラム出席 戦後最大の経済危機を迎えたEU経済は、それに依存するアフリカ、中南米、アジアの国々に多大な影響を与えている。米国主導のOECDが、この難局に政策提案する。

Dubai

  • DUBAI_599
    2011 12./10 ドバイ 国際貿易(ワールドトレード)センター 訪問

講演・セミナー実績

  • 講演会・セミナー・フォーラムなど実績
    講演会・セミナー・フォーラムなど実績 講演会: ①株式会社アマダ社 ②テレビ朝日 ③日本ビジネスコミュニケーション学会 ⑤全国信用金庫協会     ⑥愛知県経済同友会主     ⑦愛知県半田市役所     ⑧愛知県常滑市役所    

石炭大国旧東欧ポーランド訪問

  • 日本CCT技術にエネルギーのトレードオフ関係の可能性
    石炭王国ポーランドと日本のCCT技術:炭鉱の町訪問記2009 CCTクリーン・コール・テクノロジーでは先進技術を持つ日本技術の提供とポーランドの二酸化炭素排出権を供給するというトレードオフの関係強化のため、近年、政府もアプローチをおこなっている

飯野海運株式会社

Frontline(フロントライン)

http://www.exxonmobil.com/Corporate/

Energy Bulletin : Post carbon institute

米国エネルギー株 市況

JICA院生訪問

  • 198 2011 6-10 JICA 横浜 訪問
    2011 6-11 JICA 横浜 訪問講義と見学

DowJones U.S.Market Atlas 米国企業情報データベース

資源 貿易 資料データ

  • 資源 貿易 資料データ

記事リスト①

  • 2010.1-10 記事リスト①
    中国の貿易政策と海外戦略 10/10/21 中国レア・アース危機への対応 10/10/21 中国との貿易交渉術 10/10/19 円高デフレと産業構造変化 10/10/18 日本と資源大国ロシアの石油産業 10/10/18 非資源国の石油調達戦略 10/10/15 日本の貿易政策;FTA協定(4) 10/10/11 日本の貿易政策:FTA協定(3) 10/10/11 日本の貿易政策:FTA協定(2) 10/10/11 日本の貿易政策:FTA協定(1) 10/10/11 日本貿易の生命線:輸出市場の転換点 10/10/06 日本の資源エネルギー貿易政策(3) 国際独占資本ロイヤルダッチシェルのアジア市場戦略 10/10/02 JETRO 海外調査部 中国市場開拓セミナー参加報告 10/09/09 (2)産業空洞化( de-industrialization )と貿易政策 10/09/07 貿易政策の使命:外需(外部経済)としての景気対策(1) 10/09/07 中国農民工の子弟と日本の大学教育 10/08/21 貿易の定義(教材) 10/06/26 拓殖大学大学院 商学研究科説明会  貿易論の講座内容 10/06/26 2010 国際商取引・貿易演習ゼミ 科目構成(武上ゼミ) 10/06/26 国際取引論の学問体系について 10/06/26 円高による輸出不振は日本産業の空洞化を招く 10/06/26 授業参考資料:日本石油産業転換点(6/23出典ダイヤモンド小島武志氏) 10/06/23 拓殖大学経営経理研究所 研究発表・研究紹介 2010.4. 10/06/23 日本経済のサービス化とサービス貿易の発展 10/06/23 日本と世界のエネルギー貿易(基礎ゼミ資料) 10/06/23 日本のエネルギー資源貿易政策(2)戦後石油産業生成期から見る貿易特性 10/06/23 定期考査・課題リポートの件 10/06/17 貿易論を学ぶ学徒へ:恒産なくして恒心あり 10/06/16 国際取引・貿易ゼミ 「卒業論文のテーマ設定について」 10/06/15 拓殖大学商学部 多国籍企業論 キーワード 講義メモ 2010/5 東洋経済新報社版 テキスト 第8章 独占と不完全競争 10/04/09 東洋経済新報社 テキスト 第9章 寡占経済 10/04/09 2010年度 商学部 国際取引・国際貿易論 講義要項 10/04/09 2010年度大学院商学研究科 講義要項 10/04/09 講義資料:中国・台湾貿易の特徴 (学内使用に限るJETRO HP出典資料より修正) 10/04/09 円高問題とデフレ経済 10/04/09 国際収支・対外負債勘定の急激な変化 2010 10/04/09 国際独占資本の市場支配 10/04/08 資源無き国の貿易政策 10/04/08 貿易通貨と円の起源 10/04/08 中国留学生へ 学問・資格 10/02/20 貿易理論 講座研究用資料 ダウンロード1 10/02/18 経済・貿易理論 第十五章 東洋経済新報社版 テキスト 10/02/17 経済・貿易理論 第十七章  10/02/17 経済・貿易理論 第一章 (東洋経済新報社版 オンラインテキスト)10/02/17 東アジア貿易の構造変化分析 10/01/22 Research & Development Management and Technology Transfer 10/01/20 一年生オリエンテーション講義 10/01/20 技術拡散と市場成果 10/01/20 経営戦略と市場行動 電子技術関連産業と製品市場構造 10/01/20 グローバルR&Dシステムの構築 10/01/20 MNCの内部化理論 10/01/20 市場成長と技術のプロフィール 10/01/20 自動車産業の貿易構造と産業内分業体制 10/01/20 国際技術移行モデル(事例分析) 10/01/20 技術革新と国際投資市場 10/01/20 プロダクトライフサイクル仮説と製品市場戦略 10/01/20 Product design and market strategy(3) 10/01/20 Strategic Information System & technical method of marketing simulation 10/01/20 国際市場と競争戦略 10/01/20 APPROACH TO THE ANALYSIS OF COMPLEX SYSTEM 10/01/20 Analyses of Purchasing Behavior in the Artificial market & its agents 10/01/20 An analysis on product design(1) Characteristic of precision-optical-products market 10/01/20 An Analysis on Product Design (2) Market character of Precision optical products 10/01/20 INTERNATIONAL TRADE&TECHNOLOGICAL INNOVATION 国際貿易と技術革新 10/01/20 Analysis on Information Technology and corporate strategy 10/01/20 国際取引論講義2009年度 案 10/01/20 研究の過去実績(2001年まで) 10/01/20 不完全市場の企業戦略 10/01/20 進路開拓と就職準備について 10/01/20 Structure of product market & corporate strategy(material) 10/01/20 国際取引論の学問体系 10/01/20 研究領域の紹介(武上ゼミ) 10/01/20 貿易の働き(講義資料) 10/01/20 拓殖大学大学院商学研究科のガイダンス 指導内容 10/01/20 日本のエネルギー資源貿易政策(3) 10/01/20 日本のエネルギー資源貿易政策(2) 10/01/20 日本のエネルギー資源貿易政策(1) 10/01/20 円高による輸出不振は日本産業の空洞化を招く 10/01/20 多国籍企業論の内容 10/01/20

新生・ライカ紀行

旧外地産業・戦前石油関係資料室

2014年7月27日 (日)

「西のオイル・東のメタル」その2

「東のメタル・西のオイル」 中国系メタル企業は、国際資源市場で、2001年WTO加盟以前から、急速に台頭してきた。 特にニッケル、銅といったベースメタルの市場シェアは、東側アジア企業勢(中国、中央アジアなど)はるかにLME他、欧米(西)メジャーをしのぐ勢いを見せている。 近年の資源商品のキャッシュ化...

» 続きを読む

2014年7月20日 (日)

[西のエネルギー・東のメタル]

[西のエネルギー・東のメタル]  世界資源の貿易では、エネルギー商品は西から東(中東⇒アジア)、メタル商品は東から西へ(中国、中央アジアから欧米へ)の大きな移動が季節変動をもって生じるが、近年の資源高騰化もあり、その移動量が大きくなってきている。  伝統的な米国系の石油企業、メジャー、資源国有企業と...

» 続きを読む

2014年7月 6日 (日)

スイス石油事情:スイスの石油企業(ビトル社)、商品取引企業(グレンコア社)の現在(2)

スイス石油事情:スイスの石油企業(ビトル社)、商品取引企業(グレンコア社)の現在(2) (スイスの産業政策) スイスは山岳国ながら、世界最大級の海運会社MSC(Mediterranean Shipping Company S.A.ジュネーヴ)を保有する他、スイス銀行、ネスレー社、軍事、精密時計産業な...

» 続きを読む

2014年6月29日 (日)

世界的なメタル資源の寡占化と市場成果としての価格高騰:Oligopolization and a price jump of global metal resources

世界的なメタル資源の寡占化と価格高騰 (進む資源の寡占化) 酸化チタンは、日本では石原産業、また米国デュポン社が、ほぼ市場寡占を達成し、事実上の価格カルテルにより、市況は不況にも拘らず、高騰化が進んでいる。ここに来て中国系チタン資源会社もその産出、在庫量から参入障壁を築き、世界的なメタル資源高騰化が...

» 続きを読む

2014年6月22日 (日)

進む資源貿易の保護主義化:インドネシア新輸出規制法への対応が急務

進む資源貿易の保護主義化:インドネシア新輸出規制法への対応が急務 資源取引は、上流部門から、中間、下流部門まで、長い資源流通で段階ごとに規制が、施行される。また昨今は保護主義化の流れに添って、この流通段階の中での囲い込みが行われている。 インドネシアでは、既に上流部門ではメジャー系と政府、地場企業と...

» 続きを読む

2014年6月 8日 (日)

「進む資源保護主義化によるメジャーの上流部門への特化と上下流部門の格差拡大」

「進む資源保護主義化によるメジャーの上流部門への特化と上下流部門の格差拡大」 モルガン・スタンレー、先5年ニッケルの供給不足が深刻になると指摘. 2014年以前の5年間で、国際資源市場は大きく変貌し、価格水準訂正が著しく進んだ。 ニッケル他5倍強値上がりした金属資源も多い。その主な市場プレーヤーに投...

» 続きを読む

2014年6月 2日 (月)

Norilsk ノリリスクニッケル社(ロシア)、ニッケル関税撤廃に備え鉱山設備投資

Norilsk ノリリスクニッケル社(ロシア)、ニッケル関税撤廃に備え鉱山設備投資 WTO/GATTを機軸にFTAの殆んどが関税撤廃の方向性を示している中、資源大国ロシアでは、主に輸出関税を撤廃して、貿易拡大を図っている。この動向は主に西側FTA(新たな貿易ブロック圏)に対抗する政策とも考えられる。...

» 続きを読む

2014年5月28日 (水)

日本のエネルギー資源貿易政策(13) ―米国シェールオイル革命と国際石油市場の変容―

日本のエネルギー資源貿易政策(13)  ―米国シェールオイル革命と国際石油市場の変容― Japanese trade policy concerning energy resources(13) ―The American shale oil revolution and transformatio...

» 続きを読む

2014年5月25日 (日)

中国レアアース資源税率引き上げ検討~コスト上昇で相場に影響~MRB報告

日本では明治期から、資源開発と環境規制は、著しく対立してきた歴史がある。 およそ資源開発の中で金属鉱山業は、殆どで鉱毒汚染が問題となって、賠償、補償問題で国内の多くの 鉱山は終焉を迎えてきた。例えばウラン鉱の人形峠鉱山事件などは有史に残る環境問題の難しさを示している。 さてこの度、WTO敗訴に対応し...

» 続きを読む

2014年5月18日 (日)

シティグループ、2015年ニッケル相場30,000米㌦/㌧に達すると予測

シティグループ、2015年ニッケル相場30,000米㌦/㌧に達すると予測 SHANGHAI(MRB.ne.jp)2014-05-15, シティグループ(Citigroup)は、このほど来年のニッケル相場が30,000米㌦/㌧まで到達するとの予測をした。来年の供給不足は132,200㌧生じる見通しとし...

» 続きを読む

2014年5月11日 (日)

[米国メリルリンチが、ニッケル相場を大幅に上方修正] 値上げこそ経営努力の最大成果

[米国メリルリンチが、ニッケル相場を大幅に上方修正]   

値上げ・価格上昇は、供給企業の経営努力による市場成果である。

 増税・価格値上げといった市場インフレは、経営側にとっては売上げ拡大に直結する
好ましい要因である。低金利が企業経営にどれほど利するかも、同様にゼロサム市場では
好ましい要因であり、一般消費者の理解とは全く次元の異なる情報非対称の戦略といってよい。

 本来は需給で価格決定する市場ルールが最大の価格要因であり、
消費者に最も理解しやすい説明だが、現代のようにカルテルや価格協定が支配する
管理価格市場では、需給とは関連無く、価格を上昇させないと経営利益が縮小してしまう。
インフレは、市場管理でも最も好ましく、価格上昇は、経営努力の成果である。
日本を始め、多くの国では、輸入に当たって重要商品の多くが、許認可された企業に利権化される。この1年ほどの間に、値上げ、低金利、円安により、日本の多くの石油企業が、経営赤字を縮小し、黒字転換となった。
このように市場成長の止まったゼロサム国では、かつての様に、企業と消費者の利益が同方向を志向していたのに対し、相反関係に至っていることは、今後も大きな問題となる。

国際資源市場では、資源価格が需給で決まるという幻想は、もはや現実味が無くなり、米国投資銀行が、資源商品のキャッシュ化に向けて、信用売買で実需要の数万倍という仮需要による投資が急激に拡大している。バンクオブアメリカ・メリルリンチは、非鉄市場最大商品の一つ、ニッケルについて、価格指標を提示している。およそ、米国金融投資機関の予測は、その意図通りに価格上昇を志向しており、値下がったのでは、ビジネスにならないから、強力なイニシエーターとなっている。

[American Merrill Lynch largely revises up nickel market price]

A raise, the price hike is market result by the management effort of the supply company.

 The market inflation such as the raise of the tax increase, the price is connected directly with sales expansion for the management

It is a favorable factor. How long low interest benefits for corporate management is a zero-sum market likewise

It is also a favorable factor, and it may be said that the understanding of general consumers is a strategy of totally dimensional different information asymmetry.
A market rule to perform pricing by the supply and demand is originally the biggest price factor,

It is the explanation that they are easy to understand to consumers most, but a cartel and price fixing influence it like the present age

Management profit reduces when a price  is not raised without connection with the supply and demand in the administered price market.

The inflation is the most preferable by the market management, and the price hike is a management effort.
Including Japan, most of staples are made a right:conssetion in import in many countries by the company made authorization.

During this approximately one year, the oil producer of most of Japan reduced a management deficit by a raise, low interest, weak yen and became the turnaround.

As for the reciprocity thing that it-affiliated, reaches it, it is with an in future big problem whereas a company and the profit of consumers intended the direction as before in the zero-sum country where the market growth stopped in this way.

In the International Resources market, as for the fantasy that resources price is decided on by the supply and demand, a third dimension already disappears, and, United States investment bank, investment by the speculation of tens of thousands of times of the true demand suddenly enlarges the cash of the resources product in trust buying and selling for making it it.

Bank of America Merrill Lynch shows a price index about one of the non-iron market's greatest products, nickel. Because I intend price hike according to intention, and the prediction of the American finance investment institution fell a price and is never conducted a business, it is with a strong initiator.

» 続きを読む

2014年5月 4日 (日)

国際決済通貨としての合衆国ドルの覇権が後退。人民元決済の進展により。「LMEが2014年9月から人民元取引サービスを開始」Hegemony of the United States dollar as the international settlement money retrogresses. By progress of RMB yuan settlement. " LME September, 2014 yuan business services start"

国際決済通貨としての合衆国ドルの覇権が、後退。人民元決済の進展により。 ドルは、資源市場の国際マーカーとしての唯一の国際決済通貨である。€(ユーロ)や£(ポンド)、日本円にも無い 貿易商品を決済するに強制通用力を有する、コルレス、リバースメント網を張り巡らせた世界決済システムを形成している。 先の湾...

» 続きを読む

2014年4月21日 (月)

貿易赤字が過去最大13・7兆円:Japan with twin one of the world's largest big sum deficits of finance and the trade

貿易赤字が過去最大13・7兆円:Japan Trade Deficit Exceeds Forecasts as Tax Rise Looms (財政と貿易の双子の世界最大級巨額赤字を抱える日本) 日本の貿易赤字が世界最大の8兆ドルとなり、海外からも懸念されて来ている。特に財政と貿易の双子の赤字を解...

» 続きを読む

2014年4月20日 (日)

資源保護貿易主義の台頭と今後の国際資源市場の縮小:Rise of the resources protectionism and the reduction of the future International Resources market:

資源保護貿易主義の台頭と今後の国際資源市場の縮小:  求められる資源を持つ大国主義から、小国主義への発送転換 「資源貿易の上流部門で進む資源国囲い込みと、末端部門に位置する日本の貿易交渉ゲーム」 (世界の資源市場の保護主義化) 資源大国インドネシアの資源保護主義化が傾向を深め、資源貿易の上流部門で ...

» 続きを読む

2014年4月19日 (土)

「鉄より硬いスイスフランCHFと石油市場」CHFで起債の動き

「鉄より硬いスイスフランCHFと石油市場」 ドルと石油市場価格は、価格マーカーがドル建て中心であるため、その相関性は非常に強い。 また近年は石油の金融商品化の動向の中で、ドルと互換性あるキャッシュともなり、ドル政策と石油価格とは重要な関係性がある。 米国共和党のスポンサーに米国石油業界が強く、強い弗...

» 続きを読む

2014年4月13日 (日)

2013年米国重要鉱物政策法の発令と明確化する資源保護主義化

2013年米国の重要鉱物政策法の発令とその趣意  米国の2013 年重要鉱物政策法(S1600)が発令された。2010年に引き続いての資源保護主義化政策の一環ともみなされる。米国はシェールオイル・ガスなどで一定の政策を実施し、輸入資源の減少化、国内資源の備蓄化と資源一国化の保護主義政策を打ち出してい...

» 続きを読む

2014年4月 6日 (日)

資源インフレ、商品デフレは、資本主義原理:Rising prices of natural resources and goods deflation -- capitalism principle:この40年で「日本の製品流通価格で、川上部門は、10倍近く上昇(インフレ)、川下部門は10分の一以下まで値下(デフレ)がっている」

資源インフレ、商品デフレは、資本主義原理: この40年で「日本の製品流通価格で、川上部門は、10倍近く上昇(インフレ)、川下部門は10分の一以下まで値下(デフレ)がっている」 資源価格高騰:価格値上げは、インフレの主要因だが、企業経営努力の成果。 (資源市場価格の予定調和はフィクション) 企業経営は...

» 続きを読む

2014年4月 4日 (金)

増加する貿易赤字の先行指標「13年横浜港のコンテナ取り扱い、4年ぶり300万TEU割る」

貿易赤字の主な原因に発電需要のための「原油輸入高」上昇が論じられる。しかし小HPで主張するように貿易赤字の主要因は、対中国貿易の減少である。2001年WTOに加盟した中国との新たな貿易関係を構築していくべきところ、外交問題から急激に取引が冷え込んだ。横浜地元の神奈川新聞が以下のコンテナ扱い量の減少に...

» 続きを読む

2014年3月30日 (日)

「レアアース輸出規制でWTOが中国敗訴の判断を下す」 :In rare earth elements export regulation,WTO makes a decision of the lost case in China

2011年秋、レアアース輸出停止(中国商務省は公式には輸出制限とは公表していない)から、日米、EUがWTO提訴したレアアース問題について、3年を経てWTO紛争処理小委員会パネルが 中国敗訴の報告を公表した。 実質的にはレアアース輸入が困難化した時点で、中国へ生産拠点を移転した企業も多く、一方、中国の...

» 続きを読む

2014年3月23日 (日)

日本に懸念されるアジア資源市場の保護主義化:Protection concerned about main justification of an Asian resources market

懸念されるアジア資源市場の保護主義化 日本を取り巻く資源貿易の中でも、メタル部門では最大手の取引相手、インドネシアの保護主義化動向は先に本HPでも紹介した。「ものつくり」の基盤となる資源貿易では、従来の需給関係での市場価格決定では、もはや対応は困難であり、ODAにシフトし過ぎた資源輸入政策から資源戦...

» 続きを読む

«英米系金融機関が、世界的需要減少で非鉄金属相場予測を下方修正

FX Trade

  • FXチャート ブログパーツFX

ウェブページ

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

経済チャート・市況情報

JOGMEC:石油天然ガス・金属鉱物資源機構

資源貿易リンク